むしろ法の破壊王大集合

 法務大臣──法整備、法秩序の維持を司る最高機関「法務省」の長であることは、誰もがよく知るところである。当然、職分に相応しい高潔な人格と品格が求められてしかるべきなのだが、そうはならないのが、日本の政界の面妖なところかもしれない。

  ***

 6月18日、前法務大臣の河井克行衆議院議員が、東京地検特捜部に逮捕された。ともに逮捕された妻の案里参議院議員の選挙における、票の取りまとめが公職選挙法違反容疑に該当したためである。
 戦後初めてとなる法相経験者の逮捕に世間は騒然となる。法秩序を司る法相経験者が率先して法を破ったのだから当然だろう。

 しかし、筆者が調べたところ、不祥事に限っていえば、克行容疑者だけではなく法相経験者のそれは頻出している。他省庁の閣僚と比較しても、である。特に在任中においては想像以上と言っていい。

 記憶に新しいのは、第2次安倍改造内閣で法相を務めた松島みどり衆議院議員である。在任中の2014年10月7日、自らの選挙区内のお祭りでうちわを配ったことが公選法第百九十九条の二に抵触し、「うちわではない」と強弁を繰り返したが、追われるように辞任している。

 民主党政権下の野田第3次改造内閣で法相を務めた田中慶秋衆議院議員も、就任直後に過去の暴力団幹部との交際が指摘され、たったの3週間で辞任に追い込まれた。

 同じく民主党政権下(菅第1次改造内閣)で法相を務めた柳田稔参議院議員に至っては、地元の国政報告会の席上で「法務大臣とは二つ覚えときゃいいんです。『個別の事案についてはお答えを差し控えます』と『法と証拠に基づいて適切にやっております』この二つなんです」などと放言し、当然ながら辞任している。ちなみにこのとき「法相という職を汚している」と謝罪と撤回を要求したのが、野党自民党のヒラ議員だった河井克行容疑者だったのは皮肉な話である。

 現職法相の不祥事はこれだけにとどまらない。「友人の友人がアルカイダ」と発言した故鳩山邦夫氏(第1次安倍改造内閣・福田康夫内閣)や、長勢甚遠元衆議院議員(第1次安倍内閣)に至っては、「収支報告書の虚偽記載」「実家の不動産登記法違反」「外国人研修生の受け入れ団体からの見返り献金問題」と、疑惑のトリプルに手を染める始末。

 極めつけは中村正三郎衆議院議員(小渕第1次改造内閣)だろう。就任直後に当時の検事総長を呼びつけ、「私は法務大臣、あなたは検事総長」と、上下関係の留意を言い渡したかと思えば、ハリウッド俳優のアーノルド・シュワルツェネッガーが旅券を紛失した際の提出書類を入国管理局に命じて取り寄せ私的に保管(後日「ファンだった」と釈明)。挙句に自身がオーナーを務める企業と訴訟中の別企業に対し、捜査を行うよう検察に指揮権を発動しようとするという「公私混同のトリプルエー」を成し遂げている。

 繰り返すが、列挙した不祥事はすべて法相在任中に起こしたものである。「法秩序の維持」どころの話ではない。

札付きのワルに法相の椅子が用意されるワケ

 在任中ですらこうなのだから、就任以前以後まで含むと枚挙に暇がない。
 就任前に2度の公選法違反に手を染めた金田勝年衆議院議員(第3次安倍第2次改造内閣)を筆頭に、パー券収入を「寄付」と虚偽記載した岩城光英衆議院議員(第3次安倍第1次改造内閣)、やはり公選法違反容疑で逮捕者まで出した上川陽子衆議院議員(第3次安倍第3次改造内閣・第4次安倍内閣)。

 銀座のクラブでの飲食代を「拉致関係の情報取集」と強弁して経理を困らせた末に、馴染みのホステスをたびたび赤坂の議員宿舎に連れ込んだ中井洽氏(羽田内閣)や、警視総監というキャリアをへて法相に就きながらスピード違反の常習だった秦野章氏(第1次中曽根内閣)。問題発言が物議を醸した倉石忠雄氏(第2次大平内閣)に小林武治氏(第3次佐藤内閣)。

 第2次佐藤改造内閣で就任した西郷吉之助氏に至っては、資金繰りに困って東京地裁から歳費差し押さえられた末に、乱発した融通手形をめぐって議員会館に押しかけた債権者が後援者から七千万円脅し取る事態に発展。いやはや、脛に傷のない人物を探す方が困難ですらある。

 では、なぜこうまで札付きのワルにばかり、法相の椅子が用意されるのか。

永田町関係者の言によると、「軽量級で誰でもできるポジションと見なされがち」な法相のポストは、首相、副総理、総務相に続く次位にも関わらず、「河井容疑者のような初入閣や、引退直前の議員に割り当てられる可能性が少なくない」とか。つまり、自然と脇の甘い人が担うことになり、スキャンダルが出てきやすい傾向にあるということだ。
おそらく、上の通りなのだろう。が、筆者なりの持論がなくもない。

 往年の人気時代劇『銭形平次』の主人公、平次、『半七捕物帳』の半七、『人形佐七捕物帳』の佐七……「弱気を援け強気をくじく」勧善懲悪の彼らが「岡っ引」(おかっぴき)という役職にあったことは、時代劇ドラマ華やかなりし時代を知る四十代以上の読者は、周知のことだろう。

 劇中で悪を懲らしめる岡っ引が現在の警察の原型かというと、そういうわけではない。主に町奉行の警察機能の末端を担った協力者にすぎない。奉行所は、軽犯罪に手を染めた罪人を放免する代わりに、余業の一つとして彼らを捜査に協力をさせたことが、その嚆矢である。
 奉行所が知る由もない、あるいは踏み込めない危地への探索に、彼らの経験と人間関係は大いに発揮された。同時に、脛に傷を持つ彼ら自身に「正業に就く」という意識を植えつけさせることで、「更生の場を与える」側面も少なからずあった。

 同様のことは、近代の中学校でも応用されている。筆者が中学生だった頃、学年一の札付きの不良生徒が、担任教師の指名で風紀委員に任じられたことがあった。担任の底意は言うまでもない。
「一番のワルに取り締まらせたら不良の悪事は一網打尽だ。それにこいつの交友関係にも変化が生じるに違いない。校則を遵守させることで更生にもつながる」
 事実この不良生徒は程なくすると優等生と付き合うようになり、人が変わったように勤勉な態度に様変わりしたものである。

 賢明なる読者諸兄はすでにお察しのことだろう。
 過去に不祥事を起こした議員先生が、あまつさえ法相の椅子に座ったのは、彼ら自身の更生のためだったということだ。法を整備し、遵守し、維持するという「ごく当たり前の良識」を培うためだった。すなわち、岡っ引制度の名残と見ていい。
 とはいえ、これが国権の最高機関の話ともなると、そうそう膝ばかり打ってもいられないのだが。

細田昌志
著述業。鳥取県出身。CS放送「サムライTV」でキャスターをつとめたのち、放送作家に転身。 その後、雑誌、WEB等に寄稿。著書に『坂本龍馬はいなかった』(彩図社) 『ミュージシャンはなぜ糟糠の妻を捨てるのか』(イースト新書)がある。 現在、メールマガジン「水道橋博士のメルマ旬報」にて「プロモーター・野口修評伝」連載中。

週刊新潮WEB取材班編集

2020年6月28日 掲載