ちゃんと女性が当選するように…

「戦後強くなったのは女と靴下」と言われたものだが、その言葉通り、戦後史に新風を吹き込んできたのは常に女たち――強い女たちであった。戦後日本の繁栄と発展、さらには今日に続く緩慢な衰退への道筋の中で、時代のターニングポイントに登場した「勁い女」たちの足跡を、まずは焼け跡に登場した婦人代議士たちの大いなる活躍と脱線ぶりから見ていくことにしたい。

(※「週刊新潮」2001年5月3日号に掲載されたものです。肩書や年齢は当時のまま使用しています)

 ***

 権力者に取り入る方法はいくつかあるが、一番手っ取り早く、しかも金がかからないのは、相手が気に入りそうな話をすることである。

 敗戦から2カ月後の昭和20年10月――新首相となった幣原喜重郎は、マッカーサーのもとへ挨拶に行く前に何か手土産が必要だと感じていた。あの男に喜ばれ、誉められ、その上ですぐにも実行できるプランはないものか?

「女性参政権はどうでしょうか」

 言い出しっぺは、内相の堀切善次郎だった。

「それだ。それでいこう」

 というやり取りがあったかどうかは知らないが、ともかくも女性参政権はバタバタと閣議決定され、恐る恐るGHQ本部に初見参した幣原は、大いにマッカーサーに誉められた。

 2カ月後に成立した新選挙法もまた、GHQに対する日本的気配りに満ちた代物であった。大選挙区制と制限連記制――ちゃんと女性が当選するように、投票用紙に最大で3人まで名前を書いてもよしとしたのである。

 この急ごしらえの新選挙制度のもと、戦後初の総選挙が行われたのは翌21年4月10日である。その日の朝刊にはこんな見出しが躍った。

〈けふだ! さあ行かう投票所へ〉

 かういふ雰囲気の中、新時代を託す人物を選ぶべく、有権者は空きっ腹を抱えて投票所に足を運んだ。

投票用紙には「西郷隆盛」「米五合くれ」の文字もあった

 投票用紙には、実に様々な人の名前が書かれていた。

「マツクアーサー」

「トルーマン」

「西郷隆盛」

 さらには、

「米五合くれ」

 ともあれ、多くの有権者が「一人くらい、女の名前を書いとくか」と考えた結果、一挙に39人の女性代議士が誕生したのである。「この時の女性当選者の一人である加藤シヅエは、マッカーサーに謁見した時の様子を月刊誌にこう記している。

〈「三十九名もの女性が当選したことは非常な驚きである。今後は国民のことを考えて仕事をしていただきたい。家庭のことをしながらも国家の一員として、社会貢献できる女性になってください」(マッカーサーは)しなやかに背をかがめて三十九人全員と握手を交わしてくださいました。私たちはまだ「公僕」という言葉を知りませんでしたが、後で教えられて、議員としての自覚を強め、マッカーサーの言葉を改めて噛み締めたものです〉

 GHQのプレッシャーがあったとはいえ、ともあれ新しい時代が到来したのである。

 さて、選ばれて国会の赤いジュウタンを踏んだ最初の女性代議士たちは、一体どんな人たちだったのだろうか。

 山崎劔二は、戦前、社会大衆党の代議士だった。戦争が始まるとボルネオに司政官として赴任したが、終戦を迎えても内地には何の連絡もなかった。妻の道子(45)=当選時、以下同=が静岡全県区からの出馬を決意したのは、いわば夫の地盤を守ろうという気持ちからだった。

 投票日まで、あと1週間と迫った21年4月初旬、沼津市の選挙事務所で道子は一通の手紙を受け取る。差出人は夫の友人だった。

〈大竹港で上陸直後の山崎劔二君に会いました〉

 それは、愛する夫が無事に帰国したという報せだった。

「山崎が帰ったわよ!」

 歓喜のあまり、道子は思わず叫んでいた。

「そりゃあ、よかった」

「これで静岡は磐石だ」

 大歓声が湧き上がる中、次の一文を目にした道子は、しかし愕然とする。

外地で女性と子供2人を連れて戻った夫に…

《山崎君から次のような伝言を頼まれました。女と子供二人を連れている。詳しいことは選挙が終ってから相談したい。以上のお言付でした〉

 まさか……。

 一夫一婦制の堅持を主張し、「蓄妾税」を設けよとまで叫んでいた劔二が、あの熱烈な社会主義者の夫が、死に物狂いの選挙戦のさなか、現地妻ばかりか、子連れで帰国したというのだ。

 道子は深く傷ついた。それはそうだろう。実際、これほど悲劇的な状況は、シェークスピアだってなかなか思いつくものではない。

 しかし、選挙戦は待っていてはくれない。道子はトラックに乗り、伊豆の小さな町々を巡って絶望的な街宣活動を続けた。

 地獄のような1週間の戦いを終えた彼女は、4月11日、沼津市の事務所で記者会見を開く。まだ開票は済んでいなかったが、すでに噂が噂を呼び、悲劇のヒロインである道子の当選は確実視されていた。

「4年も外地にいた男の気持ちがわからないわけではありませんが、私は自分の信念から離婚を決意いたしました」

 喜びで沸くはずの会見場はしんと静まり返った。

「私は婦人の幸せを叫んで立候補しました。家庭生活においては一夫一婦制を主張しております。そういう私が山崎を受け入れるとすれば、自分の主張を曲げて大衆を裏切ることになります」

「話し合いをした上で決めるべきだという意見もありましょうが、私も女ですから、会えば激情にかられて、どんな醜態を演じないとも限りません。取り乱したみじめな姿で別れたくないと思ったのです。夫の思い出だけを、弾圧の中を夫婦協力して戦ってきた時代の思い出を胸に秘めて生きようと思ったのです」

 会見後、道子の当選が決まった。19万余の得票は全国第2位。山崎改め藤原道子は、まさに新時代の「強い女」の象徴と見なされたのである。

 当選した女性議員の顔ぶれは賑やかな限りであった。

農家の主婦の告白

 堕胎容疑(結局、冤罪だった)での逮捕歴を有する64歳の女医竹内茂代から、「焼け跡のマドンナ」として知られ、園田直との「白亜の恋」で一世を風靡することになる弱冠27歳の松谷天光光まで、まさに多士済々――と言いたいところだが、正直なところ、玉石混交であった。しかも、玉よりも石がゴロゴロしていたのである。

 昨日まで一介の主婦であったり、バーのマダムであったり、中には「神のお告げ」によって立候補した女性もいた。立派な人もいることはいたが、いちいち名前を挙げるに及ばない女もまた少なくなかった。

 岩手の山奥から立候補して当選した菅原エン(46)は農家の主婦だった。

「私はね、自分の考えで立ったというのではありません。偶然みたいなもんだったね」

 かつて本誌の取材に応じた彼女は、のっけからそう語っている。

「周囲にも選挙なんてものを分かっているのは誰もいなかった。そこへ弟の友達というのが来て、お茶のみ話に婦人参政権の話が出た。その人が突然、私に“あんた出てみろよ”と勧めたんです。そしたら、急に周りの者も、そうだそうだ。と言い出した。それがキッカケでしたよ。出てみると、定員8人に47人も候補者がいましたが、女は私一人。最高点だったなス」

 女性解放の波は、全国津々浦々にまで染み渡っていたのである。

国会キス事件

 福島全県区で当選した山下春江(44)は、恐らく国会で最初に唇を奪われた女性である。だが、「国会キス事件」とも「国会酔虎伝」とも呼ばれる愚かしい事件の真相はいまも定かではない。

 ともあれ、事件が持ち上がったのは23年の暮れである。

 事件のもう一方の主役である蔵相の泉山三六は、豪放磊落で鳴る人物で、当時の新聞にこう評されている。

〈泉山さんが敷居をまたいだ料理屋で繁昌しないものはないというから、花柳界の女将さん連中から引っ張り凧になるのも道理、政治によし、囲碁によし、酒よし、女よしで、粋人政客として異色ある存在は誰ひとり知らぬものはない〉

 要するに、何でもありの人だったわけである。

 さて、予算審議も大詰めを迎えた12月13日、スムーズに法案を通すべく、泉山は大蔵委員を招集し、一席を設ける。当時は院内で酒を飲むことが許されていたのである。

 泉山三六の回想録『トラ大臣になるまで』によれば、二人はこの時が初対面だった。〈気安く互いに盃を交わしている中に、とうとうコップ酒となった。(中略)どうして私が山下さんと一緒に出かけるようになったのか、その点はどうも月に尾花で、無粋には割り切れない。兎も角、議長室の前を通って、広い廊下をアベックして、階段のところまで行き、そこから引き返したに相違はない〉

 泉山蔵相、酔っ払っていて何をしたのか憶えていないというのである。一方の山下春江は、事件後、懲罰委員会で次のように主張した。

「強く抱きしめられた上、キッスを強要されたので、私が首を振ったらかみつかれた」

 この事件、当時の民主党が仕組んだ謀略とする説が根強くあった。山下春江はそれくらい酒が強かったのである。

「げに、女は恐るべし」

 泉山三六は、いかにも粋人政客らしい名言を吐いて議員を辞職したが、あべこべに「トラ大臣」と親しまれ、その後、国会にカムバック。山下春江も衆院6回、参院2回の当選を果たし、議員としての人生を全うした。

 いま思う。ひょっとしたら、この事件は二人が仕組んだヤラセだったのではないか、と。

国会にファッションを持ち込んだ「山口シヅエ」

 東京・深川の自転車屋の娘で、「下町の太陽」と呼ばれた山口シヅエ(28)は、公認をもらうべく社会党本部に行った日のことを昨日のことのように憶えている。

 ミカン箱の上に立たされて、試しに演説をさせられたシヅエの第一声は、

「諸君、諸君」

 それを聞いた党職員たちはずっこけた。

 自民党の顧問で、83歳になるいまも矍鑠(かくしゃく)としている山口シヅエは、当時を振り返ってこう言う。

「それまでにも、家業の山口自転車の工具を空き地に集めて、よく演説していたのよ。女は選挙権もなく、子供と同じ扱いだったの。でも、私は社会主義思想を青年に混じって論じていた。そこでは男とか女とかとは言わないのよ。男と一緒に戦うために、すべては『諸君』だったの」

 選挙区である東京1区には鳩山一郎、浅沼稲次郎、野坂参三など錚々たる候補者が勢揃いしていたが、色白の可愛らしい顔で「みなさん」と呼びかけた結果、鳩山一郎に次ぐ第2位で当選(その後、鳩山の公職追放により、繰り上げトップ当選)した。

「初当選の時は選挙事務所に4人ほどの外人さんがジープでやってきた。言葉も分からないし、どこに連れて行かれるかもわからないので怖かった。連れて行かれたのは、確か日比谷だったわね。そこで外国人記者を前に会見をしたの。出されたチーズケーキが美味しかった。私は『ライフ』にも採り上げられ、“銀のスプーンをくわえて生れてきた”なんて書かれたのよ」

 山口シヅエは、国会にファッションを持ち込んだ最初の女性議員でもあった。ハイヒールにスーツがトレードマークで、外遊先で買った帽子をかぶって議場に入り、取れ、取らない、という論争を巻き起こしたことを憶えている人もいるだろう。

 昭和21年以来、衆院で13回当選。社会党から自民党に転じたことで、「亡命」「変節」「甘ったれ転向」と批判されたが、議員生活25年の表彰を受けたことで、その判断が誤りでなかったことが証明されたといえよう。

“猛女”ヨッちゃん

 さて、39人の中で最強の女は誰か。疑いもなく、それは大石ヨシエ(49)である。

 31年に出版された過激な随筆集『あほかいな』は、ベストセラーになった。

〈代議士生活十年、といったって、この宇宙から見たら、“屁”のようなものやけどなァ。

 だが、戦後の十年くらい、有為転変、世の移り変りの、目まぐるしいばかり早かった事は、ないやろう。

 この凄まじい世の荒波の中で、ヨッちゃんは全く身寄り一人なく、ただ足手まといの八十何才になる義母をかかえ、代議士として、

「男なんかクソくらえ。」

 と、頑張って来たんや〉

 序文からしてこれである。

 本編はもっと凄い。右も左も、男も女もひっくるめて、全国会議員、みなボロクソである。例えば、先の山口シヅエの「帽子事件」についての記述は、以下の通りだ。

〈だいたいやなあ、バカヤローの男代議士が本会議場で、女の代議士に、「ボーシぬげえー、ボーシぬげえー」いうて、ケンケンゴウゴウや…。

 そりゃ、チョット向うに行ったかて、山口さんや、ドテツルさん(堤ツルヨ)がすぐにあちらかぶれするのも、アホやけど、大体男のくせに女のアクセサリーに一々、なんじゃかんじゃ文句をつける馬鹿があるかい?〉

〈テンピカピカと読むのである。

 ヨッちゃんの命名による松谷天光光の事や。

 このテンピカピカと園田直との結婚について、婦人まで、「不倫行為だ」といって天光光を攻撃している。

 何故、園田をやっつけないんだ。彼には妻子がある。それを離婚もせんで、天光光と一緒になる。法で禁ずる重婚をやってるんじゃないか。

 どっちが悪いか、ようくみんな考えてみい〉

 これだけ読むと、女性の味方のようにも思えるが、そんな生ぬるい感性の持ち主であるはずもなく、この後、テンピカピカに対する罵詈雑言と厭らしいまでの当てこすりが延々と続くのである。

大本教の出口王仁三郎のご落胤とも言われた「女ヤジ将軍」

 大本教の出口王仁三郎のご落胤とも言われ、「女ヤジ将軍」の異名を持つ大石ヨシエには数々の武勇伝がある。

 時の田中栄一警視総監が国会に喚問された時、

「オイコラ、お前はそれでも男か」

 とやった「オイコラ事件」も大評判をとったが、昭和29年の警察法改正国会、世にいう「乱闘国会」での活躍は、いまや一つの伝説である。代議士同士が殴り合い、怒鳴り合う大混乱のさなか、

「死んだ浅沼さんが、ヨッちゃん、あそこに座れ、というから座ったまでや」

 というわけで、ヨシエは議長席を占領。そこへ警官が導入され、収拾のつかない騒ぎとなったのである。

 先の著書でもこの騒ぎに触れ、「ワシャ恥かしゅうて!」と書いているが、いくら読んでも、何が恥ずかしいのか、よく分らない。

 この時、男性議員に蹴られ、鼻血を流しながらも一部始終を目撃していた山口シヅエが事の真相を教えてくれた。

「ヨシエさんはセーターを破かれて、胸が丸出しになってしまったのよ。でも、あの方、どうしてブラジャーをしていなかったのかしら。可哀相だったわ。だって、テレビ放映されていたのよ」

 テレビに映されたといっても、いまでいえばNHKのハイビジョン並の受信率だったので、幸か不幸か、この女傑のモロ出し映像を見た人は少なかった。

 一代の女傑、大石ヨシエは生涯独身を通し、昭和46年、愛知県内でひっそりと息をひきとった。享年74。枕元には国会で活躍していた当時のアルバムが置かれていたという。

元男爵夫人による現役へのキツいひとこと

 戦後初の女性代議士たちの中には学歴や経歴を詐称していた者も少なくなかった。詐欺容疑で新聞ダネになった人などもいて、翌22年の総選挙では39人いた当選者も半数以下の15人に激減した。

 社会党公認で13万票あまりを獲得し、東京2区でトップ当選を果たした加藤シヅエは現在104歳。

 2年前に舌ガンの手術を受け、要介護認定が最高ランクの「5」。もはや身動きもままならない状態だが、足掛け3世紀を生きたこの女傑がかつて本誌に語った言葉で締めくくることにする。

「初の婦人議員だなんていっても、あんまりシリアスに考えることないですよ。戦前の不当な差別に対しての39人というのなら、それはめでたいことと言わねばならないが、出る方も選ぶ方も、そんなしっかりした選挙ではなかった。

 でも、現在の婦人議員についても驚くことの方が多いですね。中には、いまだってホステスだか何だか分らない人がいて、政治をつまらなくし、婦人議員の権威を落としていますよ」

 それは誰のことですかと訊ねても、元男爵夫人はさすがに何もおっしゃらなかった。

2020年8月11日 掲載