学費が安かった法政

 菅義偉首相は1948(昭和23)年、秋田県生まれの71歳。フリーアナウンサーの生島ヒロシ氏は1950年(昭和25)年、宮城県生まれの69歳だ。

 ***

 ほぼ同世代の東北人だが、菅首相と生島氏は長年、親交を深めてきたのをご存知だろうか。2人の出会いは大学時代に遡る。

 1969(昭和44)年4月、20歳の菅首相は法政大学の法学部政治学科に、18歳の生島氏も同大の経営学部に入学した。

 ちなみに菅首相が20歳で新入生となったのは、彼が苦学生だったからだ。

 67(昭和42)年に秋田県の県立湯沢高校を卒業して上京。最初は板橋区の段ボール工場に勤務したが、数か月で辞めた。

 菅義偉・衆院議員の公式サイトには「プロフィール」のコーナーがあり、そこに「すが義偉物語」が掲載されている。当時のことを、以下のように記している。

《「視野を広げるため、大学で学びたい」という思いを強く抱く。入学金を貯めるため、築地市場の台車運びなどのアルバイトもしながら、アパートに帰れば試験勉強という生活を2年間続ける》

(註:全角数字を半角にするなどデイリー新潮の表記法に合わせた、以下同)

偏差値のない時代

 努力が実って菅首相は法政大学に入学。キャンパスで生島氏との“接点”が生じるわけだ。そのエピソードをご紹介する前に、当時の世相をご説明しておこう。

 69(昭和44)年の18歳人口は約210万人。大学進学率は男性が24・7%、女性が5・8%だった。

 学生運動が激化した時期でもあり、この年の1月には東大安田講堂事件が発生した。特に受験生には東大の入試中止が大きな影響を与えた。

 首相は佐藤栄作(1901〜1975)。スポーツは「巨人・大鵬・卵焼き」の時代らしく、プロ野球は巨人が阪急(現:オリックス)を下してV5。相撲は大鵬(1940〜72013)のライバルだった柏戸(1938〜1996)が7月に引退を表明した。

 大卒男子の初任給は3万1200円。この年に発売されたセブンスターの定価は100円だった。

 菅首相や生島氏が法政大学を受験して合格した頃、「学力偏差値」という概念は、まだそれほど知られていなかった。

学費は年5・5万円

 ならば菅首相や生島氏といった当時の受験生は、どうやって志望大学を決めていたのだろうか、生島氏に訊いた。

「確かに全国をカバーする大手予備校などなかった時代でした。しかし旺文社など出版社が模試を開催していました。挑戦すると全国順位が出ます。その順位から志望校の合否や、どの大学なら合格しそうか判断していたわけです」

 生島氏は学費などの関係から、高3の秋まで就職を考えていた。だが父親に「受験していい」と言われ、慌てて受験勉強を開始した。最初は私立より学費の安い国立大学を志望していた。しかし、特に数学の成績が伸びなかった。

 結局、数学は諦め、志望校を私立大学の文系に絞った。生島氏が言う。

「英語なら高校でも成績はトップクラスで、模試でも全国順位は相当な上位でした。これで自信を持ち、東京の私立大学では学費の安かった法政大学を第2志望に選び、合格しました」

「親が用意してくれた学費は1年分だけでした。残り3年間の学費と、4年間の生活費をアルバイトで賄う必要があり、法政大学に入学しました。今でも覚えていますが、学費は年5万5000円でした」(同・生島氏)

屋上での空手修行

 先に紹介した「すが義偉物語」にも《当時、私立でもっとも学費が安かった法政大学に入学》との記述がある。菅首相も生島氏も苦学生だったのだ。

 生島氏は気仙沼に住んでいた頃から、ずっと空手に打ち込んでいた。大学に入ってからも準体育会の松濤館流に所属して練習を積んだ。

 当時の法政大学には道場がなく、屋上で練習をした。コンクリートの上に素足だから、たちまち足裏の皮が厚くなった。画鋲を踏んでも痛くない時期もあったという。

「昼の稽古から必ず参加しました。ところが僕の横で、同好会でも猛練習で知られる剛柔流の部員が、やはり毎日、昼から稽古しています。会話したことはありませんでしたが、『真面目で熱心だな』と強い印象に残っていました。後で分かったのですが、それが今の菅首相だったのです」(生島氏)

 当時の法政大学は新左翼・中核派の拠点校の1つだったこともあり、学生運動は激しさを増すばかりだった。

 大学2年生の年は授業も休講が増えていき、生島氏は「ラッキーと感謝しながらバイトに励みました」と笑う。

社会人で“再会”

 皿洗いは時給120円、横浜港で肉体労働をすると時給300円。一番高かったのはホテルの配膳で、時給400円になったという。

 その後、生島氏は法政大学を退学して渡米。75(昭和50)年、カリフォルニア州立大学ロングビーチ校ジャーナリズム科を卒業すると、翌76(昭和51)年にTBSにアナウンサーとして入社した。

 たちまち視聴者の人気を得たが、その時、知人から「生島さんに会わせたい人がいる」と声をかけられた。

「その知り合いは福田赳夫元首相(1905〜1995)の秘書をしていて、衆議院議員の小此木彦三郎さん(1928〜1991)の秘書を僕に紹介するというんです。それが菅首相でした。屋上で一緒に空手の練習をしていたことも分かって、たちまち意気投合です」(生島氏)

 生島氏に当時の菅首相の印象を訊くと、やはり「真面目」や「義理堅い」という言葉が飛びだす。

 そしてインタビューが白熱していくにつれ、次第に「菅首相」が「菅ちゃん」へ変わっていった。

「菅なら賄賂は受け取らない」

 生島氏が振り返る。

「菅ちゃんと交友を持つようになって、結婚式の司会を依頼されることが増えました。小此木さんの後援者といった関係者のお子さんが結婚したりすると、僕に声をかけてくれるわけです」

 舞台裏を覗く機会が多く、“素の菅義偉”を見ることができた。

「様々な結婚式を間近で見ましたが、その時、舞台裏で奔走する菅ちゃんがどれだけ義理堅く、真面目な男なのかを知る機会に恵まれたのです」(同)

 当時、贈収賄事件で政界に逮捕者が出ることが珍しくなかった。「政治不信」という言葉がマスコミを賑わすことが多かった。

 秘書も例外ではなく「賄賂のおこぼれにあずかる」というエピソードが公然と語られていた時代だった。

 だが、当時の“菅秘書”を知る人は生島氏を含めて「あいつはそういうことをするタイプじゃない」という共通認識があったという。

青雲の志

 生島氏が言う。

「真面目といっても、もちろん堅物という意味ではありません。当時は青雲の志というのかな、菅ちゃんに限らず、仲間で会えば夢を語り合うということが普通でした」

 政界志望は明確だったようだ。

「あの頃から菅ちゃんは『人の役に立ちたい、政治家になりたい』と公言して憚らなかったですね」(同)

 法政大学OBで政治志望は珍しい──生島氏は余計に強い印象が残った。

 生島氏は先日、母校の法政大学と青山学院大学の学生とネット上で対論するというイベントに参加した。

 その時に、自分が菅首相と共に法政大学で学んでいた時のことを思い出し、考えさせられたという。

自助、共助、公助

 イベントで学生たちは「今の時代はバイトで学費を稼ぐのは無理だし、将来の夢を持つのも難しい」と声を揃えたのだ。

「今の大学生に比べたら、僕らは苦学生でも恵まれていたのかなと思いました。イベント後、教育支援団体に寄付をさせてもらいました」(同・生島氏)

 そして生島氏は、菅首相が自民党総裁選に立候補を表明した際、「自助、共助、公助」という言葉を紹介したことを思い出したという。

「菅ちゃんが『自助、共助、公助』を使ったのは、イベントで大学生が言ったような閉鎖的な社会を打破するため、僕たちの経験を元にしたメッセージなんじゃないかと思ったんです」

 法政大学は学費が安いため、苦学生が多かった。まずは自分の力で学費を稼ぐ。これが自助だ。

 その一歩を踏み出せば、後は友達が助けてくれることもある。共助だ。

 努力しても、友達が助けてくれても、それでもダメな時もある。その場合は大学や行政が救いの手を差し伸べてくれる。これが公助──というわけだ。

学歴より努力

「僕らの時代は、たとえお金がなくても、頑張って挑戦すれば、高等教育を受けられる機会が存在したわけです。その素晴らしさを現代に復活させる必要がある。そういう想いから菅首相は『自助、共助、公助』と発言したのではないかと思いますね」(同・生島氏)

 先に説明した通り、生島氏が出会った時、菅首相は国会議員の秘書だった。

 その後、87(昭和62)年に横浜市議選に初当選。更に96(平成8)年の衆議院議員選挙に神奈川1区から出馬して初当選。2006(平成18)年に総務大臣(郵政民営化担当大臣を兼務)として初入閣を果たす。

「菅ちゃんは市議、国会議員、入閣とステップアップを果たし、その節目節目に僕らは会ってきました。最後に会ったのは仕事で、確かBSの報道番組か何かで、総務相だった菅ちゃんを僕がインタビューするというものでした」(生島氏)

 改めて菅首相が誕生した感想を訊くと、「もうこんなに嬉しいことはないですね」と手放しで喜ぶ。

「僕らが大学に入学した年、東大入試が中止になりました。例年なら東大に合格する学生が早稲田や慶応へ行き、本来、早慶に合格するような成績の同級生もいました」

法政卒では初の首相

 もちろん大喜びで法政大学に入った学生も多かった。だが、受験で悔しい想いを味わった同級生も相当な数に上った。

「そのため学歴コンプレックスを持つ法政大生は、少なくとも当時は珍しくなかったんです」(同・生島氏)

 政界でも東大や京大のOBは枚挙に暇がない。だが、日本の首相に就任したのは菅氏だった。もちろん法政大学を卒業した総理大臣は初となる。

「大学で一緒に空手を学び、バイトを頑張った菅ちゃんは、政界でも地道な努力を重ねてきました。そんな彼が名番頭というポジションではなく、首相というトップの座を射止めたのが本当に嬉しいですね」(同)

 ある程度なら学歴も役には立つ。だが──。

「やっぱり社会に出て、どれだけ頑張ったかが重要でしょう。どれだけぶれずに、まっすぐ歩むことの大切さを、菅首相は僕たちに示してくれたのだと思います」(同)

週刊新潮WEB取材班

2020年9月25日 掲載