マイナーリーグの下部組織が充実している米国では、常に3年後、5年後のオーダーを見据えながら選手の編成、補強を行っている。日本のプロ野球では登録枠数の問題から、そこまで選手を抱えることはできないが、ソフトバンクなどを筆頭に長期的なスパンで選手を獲得している球団が出てきていることも確かだ。そこで現在所属している選手で5年後のオーダーを組んだ時にどんな顔ぶれになるかを考えながら、各球団の補強ポイントを探ってみたい。今回は昨年オフに大型補強を行った楽天だ。

・5年後の野手(※年齢は2025年の満年齢)
捕手:太田光(29歳)
一塁:浅村栄斗(35歳)
二塁:渡辺佳明(28歳)
三塁:内田靖人(30歳)
遊撃:茂木栄五郎(31歳)
左翼:オコエ瑠偉(28歳)
中堅:辰己涼介(29歳)
右翼:田中和基(31歳)
DH:岩見雅紀(31歳)

・5年後の先発投手
則本昂大(35歳)
石橋良太(34歳)
釜田佳直(32歳)
弓削隼人(31歳)
松井裕樹(30歳)
藤平尚真(27歳)

・5年後のリリーフ陣
森原康平(34歳)
宋家豪(33歳)
高梨雄平(33歳)
酒居知史(32歳)
津留崎大成(28歳)
福森耀真(28歳)

 ここ数年、ドラフト上位指名で積極的に野手を獲得してきたこともあって、各ポジションにこれから成長が望める選手が揃っているのは大きな強みだ。特に楽しみなのが外野陣。オコエはまだ成功、失敗どちらに振れるかが微妙なところだが、攻守にスケールがあることは間違いない。一昨年のドラフト1位である辰己が一年目から戦力になったこともプラスだ。名前を挙げた三人以外にも小郷裕哉や内野手登録ながら外野にも挑戦している山崎幹史など楽しみな選手は多い。

 捕手も太田、堀内謙伍と昨年一軍を経験した若い二人の成長に期待がかかる。少し気がかりなのが内野陣。ショートの茂木は攻守に実力十分だが、故障や体調不良で離脱を繰り返しており、万全の信頼を寄せづらい。サードの内田も2018年に12本塁打を放って殻を破ったかに見えたが、昨年はわずか2試合の出場に終わっている。5年後には30代後半のベテランとなっている鈴木大地や銀次にまだ頼っているようだと苦しい状況と言える。昨年のドラフト上位で獲得した小深田大翔、黒川史陽を早めに抜擢して、世代交代に備えることが重要になりそうだ。

 一方の投手陣は野手に比べると不安要素が多い。エース格の岸孝之、今年から加入した涌井秀章と牧田和久の三人はいずれも40歳前後となっており、シーズンを通しての戦力としては計算しづらい。則本も35歳という年齢を考えると、成績は下降していると考えるのが妥当だろう。

 先発陣で重要になるのが今年抑えから転向する松井と2016年のドラフト1位である藤平の二人だ。松井は過去に先発を経験した時はなかなか安定した投球を見せることができなかったが、ボール自体は間違いなく一流である。うまく力を抜いた投球を覚えられれば、先発としても大成する可能性は十分だ。藤平は昨年、プロ入り3年目で初めて一軍での勝利なしに終わったが、二軍では圧倒的な数字を残している。こちらもきっかけ次第で大化けが期待できる。この二人が則本、岸に代わる新たな二枚看板になれるかどうかで、楽天投手陣の未来は大きく変わってくるだろう。

 そして、先発以上に心配なのがリリーフ陣だ。松井が先発転向したことで今シーズンも外国人への依存度が高くなっているが、将来のクローザーやセットアッパー候補になれそうな若手は二軍を含めても見当たらない。津留崎、福森というルーキー二人を入れざるを得なかったところに苦しさを感じる。
 
 野手については多少の不安はあるものの、全体的にこれからが楽しみなメンバーが揃っている。現在30代前半の主力選手で予想メンバーに入れたのが浅村だけというあたりに、若手の充実ぶりがよく表れている。一方の投手陣は若手でそれなりに実績のある選手が少なく、もし松井と藤平が低迷するようなことになると一気に苦しくなりそうだ。安楽智大、近藤弘樹、池田隆英、森雄大といった上位指名で獲得した投手たちが軒並み伸び悩んでいる影響がこの当たりに出ていると言える。藤平に続くエース候補、松井の後釜として期待できるクローザー候補をこれからの数年で整備していく必要があるだろう。

西尾典文(にしお・のりふみ)
野球ライター。愛知県出身。1979年生まれ。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行う。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。

週刊新潮WEB取材班編集

2020年5月4日 掲載