阪神の藤浪晋太郎投手(26)が5月29日、遅刻を理由に2軍降格となった。3月26日に、“球界第1号”という嬉しくない形で新型コロナウイルス感染が判明。決して褒められない会食に参加したうえでの感染だけに「軽率だった」と反省の弁を述べていた。野球で失地回復を期していたところに再びの“ガッカリ”事案。昨年未勝利の右腕の無期限2軍行きが決まったが、評論家からは、「その処分は間違い」といった指摘の声があがっている。

 ***

 阪神の矢野監督は今回の処分について、こう明かしたという。

「練習に遅刻してきたんで、昨日。新たにみんな頑張ろうという中で練習に遅れてくるというのはこっちとしてもすごく残念やし、全体の信頼を失うようなことだった。ここ(1軍)にいてみんな同じ気持ちでやっていくのが難しいという判断。人なんでミスもあるけど、これが初めてじゃないので」

「初めてじゃないので」の言葉がなんとも痛く響くのだ。
 藤浪はコロナ禍の3月14日、大阪市内の知人宅での会食に参加。21日に「匂いを感じにくい」と自覚症状を訴え出た。そして26日、PCR検査を受けた結果、陽性判定。入院→自宅待機を経て4月24日に2軍自主練習に合流し、再起を誓っていた矢先だった。

 そもそも、7年目だった2019年シーズンは初の勝利ゼロ。それだけに期するものが大きかったはずだが、遅刻は空回りというよりは自己管理の甘さそのもの。矢野監督も堪忍袋の緒が切れた格好のようだ。

 これについて、阪神OBで評論家の江本孟紀氏はこんな評価をする。
「練習に遅れるとか門限に間に合わないとか無断外泊とか、そういった違反にたいするペナルティは、我々の時代、罰金でした。2軍に行かせるっていうのは正直どうなの? って感じがしますね。教育的指導の観点からそうするわけですが、果たして今どきその効果があるのか、疑問を感じますね」

「プロはカネを稼いでなんぼというかすべてはカネで評価される世界ですから、罰も罰金が適当だと思うんです。僕らの頃はたとえば1度やると3万円、2度目は6万円、さらに重なると10万円とどんどんあがっていって、これは結構キツいんですよ(笑)」
 
 真綿で首を締めるような苦しさに耐えかねて、自己管理を徹底することになるのだという。

 また、あるプロ野球関係者によると、
「藤浪はイップス、つまり精神的な原因により平常の動作に支障を来たす症状に罹患しているのではという指摘もあります。実はイチローも高校時代にイップスに苦しんだと明かしているんです。仮にイップスが事実だとして、この2軍落ちでさらにプレッシャーを感じるようなことになれば、見せしめ効果と本人の猛省を促そうという球団の狙いがお門違いということになりかねないですね」

環境を変えるタイミング?

「確かにミスというかチョンボというか、ホメられないことが続いているけれど、あんまり感情的になるのはよくないですよ」
 と、再び江本氏。

「あれだけの素質があって、素晴らしいボールを放れるピッチャーです。それを阪神は生かし切れていないように映りますね。ケチをつけすぎるというのかなぁ。そろそろ環境を変えるタイミングが来たのかもしれません。水が合う合わないというのはどうしてもあります。僕の場合はすぐにどんどんトレードに出されましたからね、よくわかるんです(笑)」

 確かに江本氏は、東映フライヤーズ(1971)→南海ホークス(1972〜1975)→阪神タイガース(1976〜1981)といった具合だ。加えて、“再生工場”にふさわしい移籍先について聞くと、

「パ・リーグで言うと、日ハムはいいかもしれません。栗山監督は人の使い方がうまいですよね。彼なら例えばですが、藤浪をリリーフに回すとかそういう発想をするかも。ソフトバンクも選手層が充実していますから、毎年働き続けてほしいというよりは、“この期間だけでも力を発揮してくれれば”というような余裕がある。選手としてはのびのびできますよ」

「セ・リーグだと巨人はやめといた方がいいです。阪神と同じくベンチからの圧(力)が結構強いですから(笑)。それとは対照的にヤクルトはゆるい感じでね、牧歌的ですから、あんまり細かいことにはくよくよするなよって空気があって、それまでの緊張感から解き放たれて大活躍につながる可能性もありますよ」

 トレードは球団同士が勝手にまとめるもので、藤浪の希望が通るわけではないが、これだけ評価される選手が2軍で油を売り続けるのも芳しくないだろう。コミッショナー自身、シーズン再開を宣言した折に、「プロ野球は夢を売る商売」と語っていたのだから。

週刊新潮WEB取材班

2020年5月30日 掲載