2004年の接戦

 新型コロナウイルス騒動はいまだ沈静化する兆しがなく、この春に続いて夏の甲子園大会も中止される。球児たちの晴れの舞台である甲子園で、その躍動する姿、そしてそこから生まれるであろう名勝負の数々を、残念ながら今年は眼に焼き付けることができないのだ。

 ***

 そこで、高校野球が大好きなのに、その試合の数々を堪能することができないファンのために、大の高校野球通でもある著名人に、過去の夏の甲子園大会から忘れられない名勝負1試合を選んでもらい、その感動したポイントについて語ってもらうことにした。

 今回、語っていただくのは、地元・鳥取県で高校時代に高校野球の夏の県大会でウグイス嬢を務めた経験もあるという、元・日本テレビアナウンサーで、現在はタレントの上田まりえさん。大学の卒論にも高校野球に関するテーマを選んだという彼女が選んだ1試合とは?

――早速ですが、高校野球好きとしても知られる上田さんにとっての“夏の甲子園で私の心を震わせたこの1戦”を教えてください。

上田まりえ(以下、上田):私が選んだのは、2004年・第86回大会の準々決勝第1試合、“済美(愛媛)対中京大中京(愛知)”の一戦です。

甘井謙吾選手の打力

――というと、上田さんにとっては高校時代、まさに同学年、3年生の選手たちが甲子園で躍動した年の試合ですね。ちなみに済美はこの年の春の選抜で春夏通じて甲子園に初出場して、しかも初優勝しています。

 そして夏も優勝すれば、春夏ともに初出場で春夏連覇達成という高校野球史上初の快挙を狙ってました。

 そんな状況で迎えたこの一戦は、1対1の同点9回裏に済美が劇的なサヨナラ勝ちを収めるという展開でした。この1勝で史上初の偉業まで、あと2勝と迫った貴重な試合となったワケですが……。

上田:選んだ理由は、このときの済美の1番バッターでセンターを守っていた甘井謙吾選手の存在に尽きます。この試合の1回裏に好投手といわれた小椋健太(東邦ガス)投手からいきなり先頭打者ホームランを打ったんです。あの先頭打者ホームランが本当に忘れられないんですよ。打った瞬間に入ったっていうあの興奮ですね。

 甘井選手って、本当に打つ選手だったんですよ。そんなに背は大きくないのに遠くへ打球を飛ばせる打力にも感動しました。

 さらに外野守備も上手かったですし、こちらが勝手に親近感を抱いてしまう雰囲気もあったので、ずっと応援していたんです。

長打力のある1番

――ちなみにこの年の済美は打線が春も夏もけっこう打ってたイメージがあります。

上田:確かに。かなり打線が活発で、点を取ってる試合が多くて……でも、その中でこの一戦は2-1での勝利。得点は2点のみなんです。

 ただ、そんな中、甘井選手は、9回裏のサヨナラの得点にも絡んでくるんですよ。殊勲打を打ったのは、2番打者の小松紘之選手なんですが、私的には影のヒーローというか。この試合でのキーマンはやっぱり甘井選手なんじゃないかなっていうふうに思っているんです。

――この年の甘井選手は強打・済美の核弾頭という役割をよく果たしていたなという印象が強いんですよね。

上田:1番打者があれだけ打てる、しかも長打力もあるっていうのは、相手にとってはすごく脅威だったと思うんです。加えてこのときの済美って打線に穴が全然なくて、みんなそれぞれキャラクターが際立っていて、役割分担もすごくはっきりしているような選手たちばっかりだったので、観ていて面白かったですね。

(編集部註:愛媛新聞ONLINEが18年3月に配信した「球春の軌跡 県勢のセンバツ史 <5>済美創部2年でV 私学台頭の転換点に」では、甘井氏は愛媛銀行に勤務と紹介されている ※全角英数を半角に直した)

スコアブックの練習

――準決勝も勝った瞬間には本当に春夏ともに初出場で春夏連覇するなと思ったんですが……。

上田:わずか創部3年目で春の選抜に初出場していきなり初優勝、それで続く夏も決勝戦まで進出した。結果は駒大苫小牧(南北海道)に10-13で敗れて準優勝でしたけど、そこまで勝ち進むっていうのが誰もが驚き、興奮したと思うんです。

 でも、決してビギナーズラックではないというか。運と勢いだけで勝ち進んだんじゃないよっていうことを証明した甲子園でもあったのかなって思いますね。

――その後も甘井選手から受けた影響みたいなものはあったんでしょうか?

上田:野球をより深く勉強するきっかけにもなりました。甘井選手は早稲田大学に進学されたんですが、「それなら1回早稲田の練習を観に行きたい」って。

 この年の早大野球部には千葉経済大学附属のエースだった松本啓二朗(元・横浜DeNA→現・日本製鉄かずさマジック)投手や広陵(広島)で主将を務めた上本博紀(阪神)選手を筆頭にすごく華のある選手が一気に入ったので、早稲田の野球部すごいなと。

 実は、大学に入ったら野球部のマネージャーになりたいと思っていたんです。受験したのは、プロ野球選手を輩出しているような強い野球部がある大学ばかりでした。

 特に東京六大学に対する憧れがすごく強くて。受験勉強に専念しなきゃいけないのに、六大学野球の歴史の本を買って、ずっとその歴史を勉強していました。そのほかには野球部でマネージャーになることを想定して、スコアブック書く練習をしたりして。で、そのスコアを書く練習をしていたときに使っていた試合が、主にこの済美対中京大中京戦だったんです。

試合をMDに録音

――録画録音していたんですか?

上田:はい、テレビとラジオ両方録音していました。当時はまだビデオでしたから、ビデオテープとあとはMDですね。それぞれに録画録音して、で、それを再生しながら。ときにはテレビの実況と解説の方のコメントを全部ノートに書いて……みたいなこともやってましたし。

――受験勉強中に、このときの実況を聞いて、ご自身を奮い立たせていたっていう話を聞いたことがあります。

上田:受験勉強だけではなく、センター試験をはじめ入試本番のときもですね。この試合と、ほかに何試合かお気に入りの試合のMDを連れて行ってました(笑)。

 でも特にこの試合は、甘井選手がすぐホームランを打つので、「甘井、先頭バッターホームラーン!」という実況を聞いて、ヨシ!っていう気持ちを作ってから試験に臨んでいました。

「うわっ! あの小椋だ!!」

――ちなみにこれは夏の甲子園ではないんですが、上田さんの母校・米子東が甲子園に出場しました。19年の春の選抜大会でした。

上田:そうなんですよ。でも、その前年秋の明治神宮大会王者の札幌大谷(北海道)といきなり激突することになって、1対4で負けてしまいました。

 とはいえ、そのチャンピオン相手に後輩たちはすごくいい試合を見せてくれました。普段、私が野球観戦するときは、ピッチャーのボールが見える位置、バックネット裏に座るんですが、このとき初めてアルプススタンドに座って。ああ、アルプスに座るっていうのは、こんな気分になるんだなって。景色がちょっと違いましたね。

――ちなみにこのときの米子東のエース左腕だった森下祐樹投手に関するエピソードがあるんですよね?

上田:これが不思議な縁があるんです! 森下投手はこの春、慶應義塾大学の野球部に入りました。実は今、私の夫がその野球部の助監督をしているんです(編集部註:竹内大助氏)。しかも、主にピッチャーを見ているので、まさかの森下投手を指導しているっていう。

 さらに、夫の出身高校が中京大中京なんです。だから先の小椋投手も、その縁でたまたま1回、同校のグラウンドでお会いしたことがありまして……。そのときは思わず、「うわっ! あの小椋、小椋だ!!」って、一人思わず興奮してしまいました(笑)。

“掛け値なし”は高校野球だけ

――あの済美対中京大中京戦がまさかこんな形で繋がるなんて!?

上田:それもこれも、やっぱり甘井選手なんですよ。現在、私はタレントとして活動していて、その中には幸運なことに野球に関わる仕事や球界の方と関わる仕事もあるんですね。そう考えると、甘井選手が活躍したあの試合は、まさに今の私の原点になっていると思います。

――最後に、上田さんにとっての高校野球、甲子園の魅力を教えてください。

上田:年齢を重ねていく中で強く感じるのですが、大人になると一つのことに夢中になることって難しいじゃないですか。夢中になったとしても、どこかこう第三者的と言いますか、自分を俯瞰で見る、そしてちょっと冷静に判断する場面もなかったりしないといけないみたいなところもあると思うんです。

 でも、高校球児って多分、本当に真っすぐなんですよね。だからみんな集中して1球1球必死に追いかけて……っていうような。何かそれがやっぱりすごくいいなと。

 それは何か大人にはできないことっていうか。高校野球のほかにも大学野球、社会人野球、プロ野球ってあって、それぞれに違う素晴らしさがあるんですが、でもその中で一番“掛け値なし”っていう言葉が当てはまるのは高校野球なんじゃないかなって。そこがすごく魅力的だなって思っています。

週刊新潮WEB取材班編集

上田まりえ(うえだ・まりえ)
1986年9月29日生まれ。鳥取県境港市出身。A型。趣味はスポーツ観戦。特技は野球のスコアをつけること。専修大学文学部卒業後、2009年に日本テレビにアナウンサーとして入社。16年に退社し、タレントとして活躍。19年には早稲田大学大学院スポーツ科学研究科修士課程1年制コースを修了。現在の主なレギュラー番組は朝のラジオの生放送番組『なな→きゅう』(文化放送・7〜9時)の月〜木パーソナリティ。また、元プロ野球選手の上原浩治が開設したYouTubeの公式チャンネル『上原浩治の雑談魂』ではアシスタントを務めている。

インタビュー・文:上杉純也

2020年8月10日 掲載