高校球児のいない8月がやって来た。そこで今回は甲子園中止に残念な思いをしている高校野球ファンに向けて、高校野球通の著名人に過去の夏の甲子園大会の試合からご自身が忘れられない名勝負1試合を選んでもらい、語り尽くしてもらうことに。題して『夏の高校野球 甲子園球場で私が感動したベストゲーム』。

 今回話を聞いたのは、お笑い第7世代としてテレビなどで大活躍中のティモンディ(高岸宏行&前田裕太)である。高校野球界の強豪・愛媛県の済美高校の野球部出身として広く知られるこの元・高校球児コンビが選んだ試合は、第100回の記念大会で繰り広げられた熱戦であった。

 ***

――早速、お二人に選んでいただいた試合からお聞きしたいと思います。やはり母校の済美の試合でしょうか?

前田裕太(以下、前田):もの心ついたくらいから僕は甲子園を観ているんですが、そのなかで一番痺れたし、野球って凄いな、面白いなと思った試合を選んでみました。それが2018年第100回大会2回戦の“済美(愛媛)対星稜(石川)”の一戦です。

高岸宏行(以下、高岸):あの試合は二人で電気量販店のテレビで観ていたんですよ。仕事の合間だったので。

――壮絶な試合展開で、文字通り“死闘”でした。

前田:実は済美の中矢(太)監督は高校時代、明徳義塾(高知)の選手で、それこそ松井秀喜(元・読売など)さんが5打席連続敬遠されたときの試合(=92年第74回大会2回戦)では明徳の控え選手だったんです。

高岸:逆に星稜の林(和成)監督はその試合で星稜のショートのレギュラーで試合に出ていました。

――因縁といわれるあの試合を甲子園で戦っていた二人がお互い監督になって、甲子園の舞台で、しかも100回の記念大会で再び相まみえる形になったワケですね。

前田:こんな縁があるんだって思いました。いろんなスポーツがあれど、野球は縁というか。そしてその巡り合わせが、あんなにも劇的な試合になるんだっていう点で、かなり痺れたんですよ。

――あの試合、済美は前半戦でかなりリードを奪われていて、圧倒的に不利な展開となっていました。7回終了時点で1-7と6点差つけられてしまっていましたね。

高岸:そこから盛り返すんです。なんと8回裏に一挙、8点取って大逆転に成功するんですよ。

前田:確かに劣勢の展開でした。でも、僕らは“もう終わったな”とは思っていなかったです。やっぱり確率論でいったら、あそこからひっくり返すというのは、なかなか難しいかなとは思っていました。

 ただ、これは人からのまた聞きなのですが、中矢監督も「このコたちがこんなに力を発揮するとは思わなかった」と言ってたらしいんです。数字では計れない、その場に立たないと分からないような部分が、この試合にはたくさんあったと思います。

――実は、この試合の星稜の先発投手は2年生の奥川(恭伸)投手でした。1年後の夏の甲子園準優勝投手で、その秋のドラフトで東京ヤクルトスワローズの1位指名で入団した、あの奥川君です。

前田:でも、4回裏の投球時に足を負傷してしまって、5回裏から2番手の投手に交代してしまうんですよ。のちにこれが大きく響くことになるんですね。

逆転勝ちが多い済美

――これは高校時代に投手だった高岸さんにお伺いします。7-1と6点もリードがあるなかで、あの8回裏の場面なんですが、あれだけ点差があったのに突然猛攻を食らって、みるみる詰め寄られるっていうのは、星稜の投手の立場になって考えると心理的にはどうなんでしょうか?

高岸:大差がついていたときは、いつもの精神状態というか。決して油断ではないですけれども、余裕があったとは思いますね。

――ただ、あの8回裏はまさかの連打連打で……。

高岸:星稜側からすれば、突然の出来事だったんじゃないかと。どうしても一端余裕を持って力を抜いている状態ですから、そこからまた緊張感持って……っていうのは非常に難しいと思います。そういう心の部分が、プレーにも無意識でも繋がっていったんじゃないでしょうか。特に高校生だと露骨に出やすいかもしれない。

 ヒットでつながれて、またつながれて、気づいたら7-6の1点差になった段階でもう精神的に余裕がなくなって、そこで最後の締めくくりじゃないですけど、9番の政吉(完哉)選手に逆転3ランをレフトスタンドに叩き込まれた感じですよね。

――伝統的に済美って打つチームというイメージがあるのですが、あの回の攻撃はまさにそれでした。

前田:これは済美の伝統だと思うんですが、練習試合も含めて、もう9回ずっと負けていても……っていう精神状態でやっているんですよ。我々のときでもそうでしたし。

高岸:逆境を跳ね返すための練習量の多さですよね。そこで諦めない心や精神を日頃から訓練していたので。監督は我々の時代の上甲(正典)監督から今の中矢監督に替わりましたが、上甲野球も中矢野球も最後まで諦めないっていう部分は変わっていないですよ。上甲監督は「風は絶対に待っていたら来るから」っていうことを、もう口癖のようにおっしゃっていたので。

前田:だからなのか、済美って実は逆転勝ちが多いんですよ。上甲監督時代から凄く多いんです。公式戦だけでなく、練習試合でも不思議なことにやたら多かった。

――ただ、星稜もさすが強豪校でした。普通なら大逆転されて気落ちするところなのに、9回表に追いつきました。これで9-9の同点です。

前田:土壇場でのあの脅威の粘りには驚かされました。でも、逆にそこで同点で押しとどめて、勝ち越させなかったのも済美の強さといいますか。

「延長だから!」っていうような戦い方はするな

――こうして試合は9-9の同点で延長戦に突入するんですが、甲子園の延長戦って特にドキドキしませんか? あの試合、済美は後攻でしたが、先攻のチームの立場で考えると、無得点で終わってのその裏の守りってなると、ちょっとイヤなのかなと。

前田:僕らは高校時代に、本当に1回から延長戦まで気持ちは一緒というか。変えちゃいけないというか。「延長だから!」っていうような戦い方はするなって、ずっと教えられてきたんですよ。

高岸:だから1回から9回まで同じクオリティで戦い続けられるだけの気持ちの余裕を含めて、身体を作っていました。ただ、疲れてくるとやっぱり気持ちの余裕もなくなるので、大事なところで力んだりするので、そこは気をつけないといけないって。

前田:これは多分なんですが、選手たちはもうあまりそんなに意識せず、ずっと同じ気持ちでやっているんだろうなとは思いました。ですけど、見ている側としてはやっぱりハラハラしてましたね。逆に高校生当時の僕たちが、じゃあ同じ精神状態でプレーできていたかと聞かれたら、自信持って言い切れないです。

高岸:今思うと、ここで負けても終わりじゃないし、この経験が今後の人生に繋がっていくっていうのが分かるんですが、やっぱりプレーしている本人は、ここで負けたら全部が終わりだ、ぐらいの気持ちでやってますから。そのなかでのこの緊張感だったりっていうのはたまらないですね、やっぱり観ているほうとしては。

――延長戦に入った試合はそのまま動かずに、同点で13回に突入します。そして春夏の甲子園を通じて史上2度目となるタイブレーク制が適用されました。このタイブレークについてはどう思われます?

前田:今までの流れとはまったく違う環境に急に置かれますからね、選手は大変だと思いますよ。

――実は済美は12回裏に1死満塁という絶好のサヨナラのチャンスを逃していて、嫌な流れになっている状態でのタイブレークでした。結果的に2点勝ち越されましたが、観ている側としては、よく2点ですんだなと。

高岸:でも、選手からすると2点でもやっぱりイヤですね。これで追いかけるという状況になったワケですから。

僕があの場面で打席に立っていたら

――そしてついに、試合は決着のときを迎えます。まさに衝撃の結末でした。

前田:ノーアウトでランナーが一、二塁から、9番の政吉選手が見事なセーフティバントを三塁前に決めて、ノーアウト満塁にするんです。

――そしてここで1番の矢野(功一郎)選手が打席に入るんですが、カウント1-1から3球ファウルで粘ったあとの6球目でしたね。

前田:打った打球が大飛球になってライトへ飛んでいったんです。

高岸:しかも、切れるか切れないかっていう、微妙な当たりで……。

――それがなんとライトポールを直撃する逆転満塁サヨナラホームランとなりました。

高岸:もう、ホームランと分かった瞬間に、僕ら量販店のテレビの前でガッツポーズしての大喜びですよ。

前田:しかも第100回の記念大会で、あんな劇的なサヨナラ満塁ホームランで決着したんですよ。あんな試合展開はプロ野球ではあまり観れないというか、あれが高校野球の魅力というか。

 もう一つ付け加えると、あのホームランは夏の甲子園100回大会のなかで史上初の逆転満塁サヨナラホームランだったんです。今まで甲子園の歴史になかったっていうことを考えると、かなりたくさん歴史上の熱戦があるなかで、あの一戦は、まぁないんじゃないかなっていうぐらいの劇的な試合だったと思ってますね。

――後輩があれだけの試合を見せてくれたのだから、先輩の俺たちももっと頑張らなきゃ、みたいな力がもらえた感じでしょうか?

前田:僕らは僕らの代で、もちろん甲子園に行こうと頑張ってましたけど、それが叶いませんでした。だから彼らが甲子園に出場している時点で、僕らよりも結果を出しているので、もうそれだけで“凄ぇな”っていうのが大前提としてありますね。で、そのなかで、あの極限の場面でああいう結果を出してるっていうことは、その裏付けとしてたくさん練習してないとやっぱり無理なんですよ。

高岸:はっきり言って僕があの場面で打席に立っていたら、跳ね返してないなって。後輩たちにも勉強させられた試合ですね。だから試合終了後の校歌で“「やれば出来る」は魔法の合いことば”の合唱がまた余計に心に染みたというか。

前田:あの場面でホームランを打てる確率だけでいったら、もう天文学的な数字なんですよ。そういうのを考えると、確率で物事は計れるものじゃないなっていうことを改めて野球が教えてくれた感じですよね。

――僕は見てて、また名勝負で星稜は悲劇の負け役になったなって。延長戦でいったらあの箕島(和歌山)との延長18回(79年第61回大会3回戦)があって、松井秀喜の5打席連続敬遠があって。で、この済美戦です。いつも星稜って名勝負で不思議と負ける側なんですよね。

高岸:その星稜が去年の夏の101回大会では智弁和歌山(和歌山)とやって延長戦で今度はサヨナラホームランで勝ったんですよ。サヨナラホームランで負けた星稜が次の年にはサヨナラホームランで勝つっていうのも不思議な巡り合わせですよね。

前田:しかも、その2試合とも奥川投手が投げていて……因果を感じますね。星稜のバッターだって、打とうと思って打てるもんじゃないですからね。

ベスト4にまで行くなんて…

――この年の済美って、大会前の評価はそんなに高くなかったんですが、この試合に勝って勢いがついたのか、最終的にはベスト4まで勝ち進みました。

前田:前評判は確かに全然高くなかったです。監督さんも「歴代たくさんの選手たちを見てるけど、地力だけでいったら、そんなでもなかった」って言っていました。「選手一人一人だけの実力で見たら、ベスト4にまで行くなんて、そもそも思わなかった」と。だから野球って本当にチームスポーツなんだなって、改めて思いますね。我々はチームとして強くする、みたいな練習を3年間ずっとしてきたんですよ。

高岸:一つの練習でもみんなで心を合わせながらの練習でした。今でも家族のような関係性ですから。そうやって絆を強くしていったからこそ、土壇場で凄いパワーになってその実力が発揮されたのかなと思いますね。

――夏の甲子園ベスト4はやっぱり凄いです。

前田:済美って春優勝1回、準優勝1回、夏準優勝1回っていう成績が残ってるんですが、歴史的に見たら、この大会のベスト4は凄い健闘だったかなって。

――最後にこの試合の総括をお願いします。

前田:あの年の第100回の夏の甲子園が、そもそも金足農(秋田)旋風を含めて凄く盛り上がったじゃないですか。甲子園そのものが高校野球を凄く盛り上げてくれた大会だっていうのがあるんですが、そのなかでもやっぱり個人的に強く心に残るっていうことは、なかなかな試合だったんだなとは思いますよね。

高岸:第100回の記念大会を盛り上げるに相応しい、劇的なサヨナラ満塁ホームランが飛び出して決着したと。あんな劇的な展開は、“野球の神様”の計らいじゃないかとか、いや“甲子園に棲む魔物”の仕業だとか、いろんなとらえ方があると思います。

 そんななかで大きな力になるのは、やっぱり応援なんです。大応援のなかでの精神状態の変わり方の問題なんですが、大声援を受けて心が変われば身体が変わる、身体が変わればプレーが変わるというのは、この試合だけでなく、もうどの試合でも感じますよね。そこがやっぱり高校野球、野球の魅力ですよ。

週刊新潮WEB取材班編集

ティモンディ
前田裕太(まえだ・ゆうた=写真左)1992年8月25日生まれ。神奈川県出身。ツッコミ・ネタ作り担当
高岸宏行(たかぎし・ひろゆき=写真右)1992年10月8日生まれ。愛媛県出身。ボケ担当
いわゆる“お笑い第7世代”のお笑いコンビで、ボケ担当の高岸が投手として最速150キロをマークしたことで一躍話題に。主なレギュラー番組に『上田晋也の日本メダル話』(日本テレビ系・日曜・17時〜)の“ティモンディならできるかな?”のコーナー。また、高岸単独で『アイ・アム・冒険少年』(TBS系・月曜・21時〜)に出演中。前田単独で毎週土曜日に“ar web”にて配信される連載コラム『ティモンディ前田裕太の乙女心、受け止めます!』を執筆している。2020年2月21日にはYou Tubeチャンネル『ティモンディベースボールTV』を開設、今やチャンネル登録者数12万人を超える人気チャンネルとなっている。

インタビュー・文:上杉純也

2020年8月15日 掲載