昨シーズンセ・リーグ連覇を達成したが、日本シリーズでは、パ・リーグ王者、ソフトバンクにねじ伏せられ、2年連続4連敗という屈辱を味わった巨人。日本シリーズ制覇は2012年以来遠ざかり、「球界の盟主」は、過去10年間で7度の日本一に輝くソフトバンクに明け渡したといえるだろう。

 そんな巨人だが、ここへ来て、これまでと違う取り組みが見られている。オフには梶谷隆幸、井納翔一がFAで加入し、さらにメジャーで実績があるジャスティン・スモークとエリック・テームズといった強打者を獲得するなど、活発な動きを見せた。ただ、これはお家芸とも言える“大型補強”の範疇に入るもの。それ以上に目立つのが“目先の戦力以外の整備”である。

「投手チーフコーチ補佐」

 まず、象徴的な出来事が桑田真澄氏の招聘だ。原辰徳監督がオーナーに直談判をして決まったと言われているが、発表されたのはキャンプインまで3週間を切った1月12日。既にコーチングスタッフは、昨年12月中に固まっており、「投手チーフコーチ補佐」という新たなポジションを作ったところにも、原監督および球団の並々ならぬ強い意志を感じる。

 桑田氏は現役時代から“理論派”として知られていた。引退後の10年間を勉強の期間と位置づけて、早稲田大学大学院や東京大学大学院で研究に取り組み、その知識はさらにアップデートされている。巨人の投手陣は、エースの菅野智之以外、実績が乏しい投手が多いだけに、「若手の底上げ」という意味で大きなプラスとなる可能性が高い。

 選手の育成では、桑田氏の招聘以外にも新たな施策に着手した。今年1月、ボディビルの日本選手権で9連覇を達成した鈴木雅氏をスタッフとして招聘した。いまだに日本の指導者の中には、野球の動きや走り込みで体作りを行うことが基本で、ウエイトトレーニングに否定的な意見を持つ人も少なくない。

 しかしながら、プレーに上手く繋がる体の使い方ができるのであれば、筋肉量を増やした方がパフォーマンスを向上させる、これは現代トレーニングの常識となっている。ソフトバンクは、2010年からボディビルのスペシャリスト、高西文利氏を球団スタッフに採用して、選手の体作りを見直している。もちろん、フィジカル面だけを強化すれば、すぐに結果が出るという単純なものではないが、この取り組みもソフトバンクに追いつき追い越そうとする、巨人が示した“意欲の表れ”といえそうだ。

将来への大きな投資

 さらに、ドラフト戦略には明らかな変化が見られる。過去6年間は1位指名の抽選で外し続けているという不運はあったが、下位指名や育成で獲得する選手に完成度よりも一芸やスケールの大きさを求めた狙いが垣間見えた。事実、19年は2位の太田龍を除き、支配下指名選手は全員が高校生だった。そして、昨年のドラフトでは、いわゆる即戦力として、すぐに一軍で使えそうな選手はほとんど見当たらなかったのだ。

 一芸に秀でた選手では、育成入団ながら一軍の戦力に成長した増田大輝と松原聖弥……彼らはいずれも俊足を誇る選手だ。スケールが大きい選手でいえば、昨年、高校卒2年目の戸郷翔征が大ブレイク。今年のキャンプは、横川凱(190cm)、伊藤海斗(187cm)、ルーキーの秋広優人(200cm)といった長身の若手が躍動している。

 昨年のシーズン途中には、全国で育成年代の指導に携わっている球団OBによるスカウト網を構築することを発表した。また“ダイヤの原石”を探す目は、海外に向けられている。

 過去、ドミニカでトライアウトを行い、ディプラン、ウレーニャ、モタ(ディプランとモタは昨年限りで退団)などを育成選手として獲得した実績がある。今年は、フリアン・ティマとホセ・デラクルーズを獲得する予定だと報じられた。この二人はまだ16歳という若さだ。

 さらなる改革としては、2024年3月の開業を目指して若手選手を育成する二軍新球場の準備が進んでいる。これもまた、将来への大きな投資と言えるだろう。

 筆者は、今年のキャンプイン直前、巨人OBで二軍と三軍で監督を務めた川相昌弘さんに話を聞く機会があった。川相さんは、巨人がソフトバンクに追いつくためには、現場だけでなく環境面の整備やスカウティングといった球団全体をあげての体制作りが必要不可欠だと語っていた。そのような取り組みがこの数カ月で多く見られることに、「球界の盟主」の座を追われた巨人の危機感をひしひしと感じる。

 巨人が再び「球界の盟主」を取り戻すための“作戦”は成功するか、今後も注視していきたい。

西尾典文(にしお・のりふみ)
野球ライター。愛知県出身。1979年生まれ。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行う。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。

デイリー新潮取材班編集

2021年2月27日 掲載