フランスでの新型コロナウイルス感染者は1万2000人以上、死者は450人を記録(3月20日現在)し、カンヌ映画祭、テニス全仏オープン、モナコF1グランプリ、といったイベントが延期、中止になっています。

 マクロン大統領は、3月12日にテレビ演説で不要不急の外出を控えるよう訴えました。しかし、その効果はあまりなかったため、16日、改めて「我々は戦争状態にある」と語り、罰金を含む外出制限令を出しました。

 これで大統領の本気度が伝わったのか、罰金を払うのが嫌だからか(本来は感染拡大防止のためだと思いますが)、外出制限が開始された3月17日の正午以降、街からは人が消え、テレビではパリを「死んだ街」とさえ表現しています。

 私のもとにも日本の友人から「外出禁止なの?大丈夫?」という心配のメールが届いています。ですが、これは「外出禁止」ではなく、あくまで「外出制限」です。

 正確に申し上げれば、3月17日の正午から最低15日間、必要最低限以外は外出をできないことになっています。外出できるのは下記の条件を満たしている場合に限られます。

・通勤(在宅ワークができない場合)
・食料品など生活に必要最低限の買い物(行ける店等は別途リスト有)
・医療目的
・子供の世話、病人の支援
・家の近くで1人で運動をする、犬の散歩など

 さらに、外出の際には特例外出証明書という宣誓書の携帯が義務付けられています。この宣誓書を携帯していないなどの違反に対しては135ユーロの罰金が科されることになり、2日目にしてパリではすでに4000件以上が摘発されています。

 宣誓書は、政府のサイトからダウンロードするか手書きで、名前、生年月日、住所と外出の目的を記入して署名します。

 私もすでに1度外出しましたが、スーパー、パン屋、チーズ屋には人が並び、ジョギングをしている人や買い物袋を抱えて歩く人が見られ、外出制限という割には人が多い印象を受けました。

 コロナウイルスの感染拡大防止のために外出制限をする国は増えていますが、フランスと日本の状況の違いに驚くことが少なくありません。

マスクをしないフランス人でさえ違和感を抱く政府の方針

 その一つは、マスクについてです。

 元々フランスではマスクをする習慣はなく、マスクをしていると重病人か不審者と思われて、すれ違う人にジロジロ見られます。なので、在仏の日本人の中には、風邪や花粉症でも目立ってしまうのでマスクをしない、という方もいるほどです。

 コロナウイルスの拡大で最近やっとマスクをしている人が増えてきましたが、それでも大半の人はマスクをしていません。

 私はフランスに移住したばかりの頃、薬局に行き、マスクがほしいと伝えたら薬剤師さんに「何のマスク?」と聞かれました。風邪をひいた時、咳が出る時のためにと説明しても不思議そうな顔をされ、「これしかないけど…」と出されたのは、薄い紙でできたマスクでした。すぐに湿って肌に張り付くし、息苦しくて数時間もつけていられないようなものでした。

 さらに、フランス政府が国民にマスクの着用を勧めていないことにも驚きました。

 政府からのコロナウイルス感染予防策はシンプルで、「家に居ましょう」。

 そして「手洗いをしっかりしましょう」、「ハグや握手、頬にキスをする挨拶を控えましょう」といったものです。ここまではわかるのですが、さらに

「くしゃみや咳をする時は口に肘をあてるかティッシュにしましょう」

 と、呼びかけています。肘にくしゃみや咳をしたら服に唾がつくし、口を完全に覆いきれないかもしれないし、そもそも口を覆うのが間に合わないこともあるのでは?という疑問が起こります。

 その上、政府や医者などの専門家がメディアで「マスクは不要、意味がない」と繰り返し主張し、「むしろマスクはしない方がいい」という医師もいます。

 例えば、ヴェラン連帯保健大臣はテレビ番組で「マスクは感染予防という意味では必要ない」、パリの医師は「マスクをしても、そのマスクを触った手で顔などを触ればマスクをする意味がないし、マスクを外す時もゴムの後ろの部分を持ってはずさないといけない。そもそも鼻の横に隙間ができるし、良いマスクをちゃんとした位置につけなければ意味はなく、さらにマスクをすれば大丈夫と思ってしまうことで慢心して感染を広げる可能性がある」と発言していました。

 風邪をひいたらマスク、風邪の予防にもマスクというのが当り前の日本人の私は、マスクをした方がよほど効果的なのでは?と思いましたが、テレビやネットで権威ある人たちが盛んに「マスク不要論」を言うので、それを信じてマスクをしない人達もいるでしょう。

 またマスク着用を推奨しないだけでなく「マスクをするな」と言わんばかりの物言いに、私もマスクをすることがまるでいけないことのように感じ、一時マスクをしづらくなったこともありました。

 それと同時に「フランスには、マスクの十分な在庫がない。国民のパニックを避けるためにマスクを推奨できないのでは?」と思うようになりました。

 日本は年間55億枚のマスクを生産・輸入しています。一方、フランスでは「1億5千万枚の在庫(3月4日閣僚会議。その後2億枚のマスクを緊急発注)」しかないそうです。人口は約6500万人であることを考えれば、あっという間に足りなくなるはずです。

 フランスでマスクを製造できる大手メーカーは政府の要請を受けて、停止していたマスクの生産ラインを動かし、リネンメーカー等が急遽マスクの製造に乗り出しました。いかにフランスでマスクが使用されていなかったかがわかる慌ただしさです。

 普段からマスクが十分流通している日本でさえ、マスク不足で悲鳴を上げています。医療現場以外ではマスクはほとんど流通していないフランスで足りなくなるのは当然のことでしょう。

 とはいえ、コロナウイルスの感染が騒がれ始めてからはフランス人もマスクを買い求めるようになり、2月半ばにはパリでも「マスク、アルコール消毒ジェル売切れ」という薬局が続出しました。そこで、フランス政府は2月29日の閣僚会議で、

「医師の指示がない限りマスクは不要で、薬局にマスクを買い求める人が殺到すると必要な人へのマスクが不足してしまう」

 として、マスクの購入に医師の処方箋が必要になりました。

 その頃から薬局や病院ではマスク等の盗難が続発しています。

 処方箋がないとマスクが買えないなんて日本では考えられないことですが、そのせいか、日本のようにマスクを求めて薬局に行列ができることはありません。

 一方、ネットでは様々なマスクが販売されています。ショッピングサイトのamazonでマスクを検索してみると、洗えば再度使えるマスク、防塵マスク、自分でマスクを作るDIYキットまで出てきます。

 ただ、かなり高額ですし、配達されない、といったトラブルも起きていて、注意が呼びかけられています。

 感染が拡大するにつれ医療現場からマスクが足りない、個人もマスクが欲しいという声は高まっており、日本で現在感染者が増えていないのはマスクをするからではないか、という意見も聞かれ始めました。

 そのため、この週末(3月20〜21日)になって「マスクをしても意味がないというのは事実ではない」という医師の声がTVで紹介されたり、マスクを一般にも販売してほしいという要望が増え始めました。

 マスクの在庫がフランスにはないと明言する専門家も出てきて、「医療従事者にもマスクが足りていない現状で、全国民に届けるのは難しい。インターネットではマスクを手作りする方法なども紹介されているので、何もしないよりはそのようなマスクをすることが望ましいかもしれない」などと述べています。

 政府は、こうした声にどう対応するのか注目されます。

政府のスタンスは一貫しているフランス

 フランスではコロナウイルスに感染したと思われる熱などの症状があっても直接病院には行かず、自宅で様子をみるように呼びかけられています。

 そもそもフランスでは、具合が悪い人はまずかかりつけ医に行き、処方箋や指示書をもらって初めて検査をするためのラボに行く、という医療システムが確立されています。

 つまり、コロナウイルスに感染した可能性のある人は、かかりつけ医に電話診療をしてもらい、まずは自宅待機。その後、高熱で呼吸が苦しいなど症状が重くなったら救急車を呼ぶ、ということになっています。

 病院のキャパシティを超えて患者が押しかけることはありません。医療現場は休むこともできず大変な状況ではありますが、フランス政府のやり方は、医療崩壊などの最悪の事態(パニック?)を避けるという意味で奏功しているようです。

 日本では当初から検査数が少ないという批判や、検査数を増やせ、という声が多いと聞きます。一方、フランスは、WHOが最近「疑わしい場合にはとにかく検査を」というコメントを出しても、戦略として検査対象を管理していると表明しています。

 WHOがコメントを出す前には検査数の話題はほぼ聞くことがなく、現在でも検査を増やすことが医療崩壊につながるという意見が多く見かけられます。

コロナを通して見えた国民性

 日本のニュースを見たり様子を聞いたりしながらフランスで生活していると、両国の違いが浮き彫りになってきます。

 フランス人は最初の大統領演説は気にせず、政策にも従わない印象でしたが、一度強制力を伴う指示が出れば外出制限、学校の休校や飲食店の休業などにも文句を言うことはありません。現実を受け止め、野党も反対することなく協力的です。

 一見、個人主義と思われがちなフランス人ですが、このような緊急事態では政府主導で物事が進んでいる印象です。

 それに比べ、従順なイメージを持たれている日本人は、クルーズ船の問題に始まり、唐突な一斉休校、検査の数に対する厳しい声など、政府の対応への批判も目立ち、フランスのようにコロナ対策を強制的に進めるのが難しいようにみえます。

 じつは、日本の方が人権意識が高く、個人主義なのかもしれないと感じました。

 そして、何より、コロナウイルスの早い終息を願いつつ、これを機にフランス人にもマスクを着用するという習慣が根付いてくれれば、と思っています。

ヴェイサードゆうこ
翻訳家・ジャーナリスト。青山学院大学国際政治経済学部卒。ITベンチャーから転身し、女性向けweb媒体のライター、飲食専門誌の編集記者として執筆。2016年よりフランスに移住し、現在はYouTubeで現地情報を発信中(http://bit.ly/2uQlngQ)。

週刊新潮WEB取材班編集

2020年3月24日 掲載