これまで世界保健機関(WHO)に新型コロナ感染者はゼロと報告していた北朝鮮。だが、感染者は4万8528人、死者も少なくとも267人出ていると産経新聞(4月26日付)が報じた。情報源は、韓国の脱北者団体という。

 ***

 北朝鮮の感染症対策当局は、「入国者全員の検査と隔離を行い、あらゆる物品を徹底的に消毒。国境を封鎖し、先制的かつ科学的措置を講じた」とし、「これまでの誰一人として新型コロナに感染していない」と発表している。が、そもそも、中国と国境を接している北朝鮮で、コロナ感染者が一人も出ていないこと自体、不自然であった。

 産経によれば、韓国の脱北者団体の「北朝鮮人民解放戦線(北民戦)」が、新型コロナの現況をまとめた朝鮮労働党幹部向けの報告書を入手したという。

 報告書は4月10日付で、そこには隔離されている患者や死者は、全て新型コロナの「疑い例」として扱われていると書かれているそうだ。北朝鮮北東部の咸鏡北道(ハムギョンプクト)で隔離者1万3750人、死者41人、北西部の新義州(シニジュ)で隔離者2426人、死者51人と、中国に近い地域での感染者が目立つ。平壌も隔離者が125人、死者が5人、平城(ピョンソン)は隔離者が461人、死者は23人が報告されている。北朝鮮全体で感染者が4万人以上、死者267人は、韓国を上回っている。北朝鮮の医療体制は脆弱なので、感染拡大を受けやすいようだ。

「幹部向けの報告書というのは、北朝鮮の保健省が金正恩へコロナの現況を報告するために作成したものだそうです」

 と解説するのは、北朝鮮に詳しいジャーナリスト。

「金正恩に報告書を届ける際、ある人物が報告書を撮影。その画像から数字のデータだけ抜き出して北民戦の幹部に送ったとのことです。撮影した人物は、数年前から北民戦に様々な情報を提供していて、信頼できる人物だそうです。北民戦の幹部がその数字のデータを産経新聞に提供したようです」

最高人民会議の代議員も感染

 北朝鮮では、すでに1月の段階でコロナ感染者が出ていたという。

「平壌には、中国からの観光客や投資家が来ていますから、北朝鮮でコロナ感染者がゼロなんてありえません。中国の観光客の中には、武漢から来ている人もたくさんいました。国境警備隊に所属していた脱北者の話によると、1月21日に平壌でコロナ感染者が出たそうです。それを受けて、1月23日に中国との国境を閉鎖。国境を封鎖したことだけが26日に発表されました」(同)

 北朝鮮当局は、4月の初めに労働党員に対しコロナ感染の現況を伝える説明会を行ったという。

「北朝鮮の元外交官で、韓国に住む脱北者の話によると、4月の初めに労働党員に行われたコロナ感染の説明会の資料があるそうです。その資料によれば、平壌や黄海南道、咸鏡北道でコロナの感染者が発生している。これは人民の経済や生活を窮乏させる、という内容だそうです。北朝鮮では、労働党員にはコロナ感染を認めていますが、それ以外の人民には感染者はいないと広報しています。コロナで亡くなった人は、コロナとは言わず急性肺炎とか結核と偽っているようです。死者が出ると、当局がすぐに遺体を焼却して遺族には骨だけ渡しているようです」(同)

 今年の最高人民会議は4月12日に開かれた。予定より2日遅れだった。

「最高人民会議の代議員は700人弱います。地方から平壌に入った際、コロナの検査を受けているのですが、複数の感染者が確認されたそうです。そのため、2日開催を延期しました」(同)

 金正恩労働党委員長は、4月15日の金日成主席の誕生日である太陽節の式典を欠席した。米国のCNNは4月21日、13日に心臓血管系の手術を受け重体になっていると報じた。それに対し、文在寅韓国大統領の文正仁(ムン・ジョンイン)特別補佐官は、13日から北朝鮮東部の元山(ウォンサン)の邸宅に滞在していて健在だと語っている。

 先のジャーナリストはこう言う。

「金正恩は、コロナ感染をさけるために、平壌を離れたと言われています。北朝鮮の北西に位置する平安北道(ピョンアンプクト)の党幹部に、21日か22日頃金正恩から電話があったのです。金正恩から電話があるときは、電話がくる30分前から直立不動の姿勢で待機するそうです。金正恩は、いつものように普通に喋っていたということでした。どうやら重病ではないようですが……」

 金正恩も新型コロナを怖れていることだけは確かのようだ。

週刊新潮WEB取材班

2020年4月30日 掲載