やってることは迎え酒?

 Stay Homeなゴールデンウィークだから、人それぞれ制限された中でストレス解消するしかない。そもそも在宅勤務で家飲みの毎日。ついつい酒量が増えたという方も多いのでは? そんなお酒好きなあなたが自己正当化できそうなお話を。

***

 吉田兼好が徒然草に『百薬の長とはいへど万の病は酒よりこそ起れ』と記していようが、そこはスルーするのが酒飲み。話をワインに絞れば、古くから医療においても使われてきたのは間違いないようです。

『医学の父』ともよばれる古代ギリシアの名医ヒポクラテスは、病気の治療にワインを積極的に用いていたようです。それまで病気の治療といえば祈祷や呪術だった時代に、現代医学の礎を築いた人物がワインを活用していたとは! 酒飲みにとってこれ以上の後ろ盾はない。

 彼は利尿薬として白ワインを、下痢止めには渋い赤ワインを用いた他、解熱や消毒にもワインを使っていたそうです。そしてワインの持つ疲労回復効果も認めていた。もちろんこの疲労回復効果はアルコールに弱い人からしたら拷問。飲める人でも、極楽気分でブレーキが効かず飲み過ぎたら意味がないのですが。

 ヒポクラテスはまた、リキュールの起源とも言える、ワインに薬草を溶かし混ぜた薬酒を初めて作ったとも言われています。もっとも、現代のリキュールはワインではなく蒸留酒がベースですので、厳密には現代のリキュールとは別物なのですが、後にヨーロッパに数多くの薬草系のリキュールが生まれるきっかけとなったことは間違いないでしょう。実際に中世ヨーロッパでは、修道院で作られた薬草系リキュールが薬として使われるようになります。

 個人的には、二日酔いになるとドイツのウンダーベルグというリキュールをソーダで割って飲んでいた時期があります。19世紀にできたリキュールですね。飲み過ぎて辛いはずなのに、これを飲むとなんだか少し復活できたような感覚がありました。

 やってることは迎え酒。それでも、苦い薬草のエキスでスッキリできた。これはまさに薬酒で、ハーブや薬草のエキスが抽出されている。だからそれなりの効果の裏付けがあると思うのですが、一方、全く根拠があるとは思えないリストが昔のフランスには幾つかありました。

 リストには、「この病気にはこのワインが効く」という風にラインナップされているわけです。極めて私的に作っていたと思われ、是非とも真に受けないで欲しいのですが、酒を飲む上でのある種の大義名分にはなるかもしれません。突っ込みどころ満載のその一部を紹介すると……。

【アレルギー症状】メドック地区のワイン。1日の摂取量はグラス1杯
 有名なボルドーの赤ワインですね。 ボルドー市から北北東に、大西洋に流れるジロンド川の左岸。5大シャトーの内、ラトゥールにラフィット、ムートンにマルゴーと4つがメドック地区に蝟集しています。

 カベルネ・ソーヴィニョン主体で造られるワインが多い産地です。醸造技術や設備の進化で1990年前後からはきめ細やかな渋みの柔らかいタッチのワインが造られるようになりました。他方、それ以前はかなりしっかりとした渋みが特徴でした。

4杯って?

【貧血】グラーヴ地区のワイン。グラスで4杯
 これまたボルドーなのですが、ボルドー市から南南西に伸びるガロンヌ川の左岸。白も赤も造られている産地だけれど、たぶん白なのでは。4杯って結構飲ませますね。

【更年期障害】サン・テミリオン地区のワインを(こちらも)4杯
 ボルドー市から車で東に30分ほどでしょうか。カベルネ・ソーヴィニョンが主役のメドックやグラーヴと違って、メルローの比率が高くなります。 またカベルネはカベルネでも、カベルネ・フランが重要な役割を果たすエリア。メジャーなところではシャトー・シュヴァル・ブランですとか、シャトー・オーゾンヌ。

 ボルドーは、非常に有名で高額ワインも多い広大なワイン産地ですが、実際に行ってみると豪華なシャトーはあるものの、鄙びた雰囲気の村や町ばかりです。そんなボルドーにあって世界遺産にも登録されたサン・テミリオンの街並みは一見の価値ありです。更年期障害に効くかは分かりませんが、サン・テミリオンには美味しいワインがゴロゴロしています。

【動脈硬化】ミュスカデ(またまた) 4杯
 全長1012Kmと、フランスで最も長いロワール河の流域に数多存在するワイン産地の中でもその最下流域。ボルドー市から300kmほど北上したナントという大西洋に近い都市周辺で造られる、カジュアルな価格のスッキリ白ワイン。動脈硬化といえばポリフェノール。 赤ワインじゃないの? って思ってしまいますね。

そして注目の感染症には

【気管支炎】ブルゴーニュかボルドーに砂糖とシナモンを加えたものをカップ3杯
 白でも赤でもロゼでもいいのか? シナモンにはそれなりの効能はあるようですから、 あながち間違ってない?

【結核】辛口のシャンパーニュを4杯……って何杯飲んでも治るわけがない!

【下痢】ボジョレー・ヌーヴォーをグラスで4杯
「タンニンが強い赤ワインが効く」と言っていたヒポクラテスと全く違うぞ。

【発熱】シャンパーニュ。なんとボトル1本!
 個人的には嬉しいけど、高熱の場合に1本は厳しいかも。

【痛風】サンセールまたはプイィ・フュメをグラスで4杯
 ロワール河を挟んで東西に向かい合う産地。ともに葡萄はソーヴィニョン・ブラン。石灰質土壌由来のミネラル感が痛風に効果あり?

【リュウマチ】シャンパーニュ4杯
 それで治ればノーベル医学生理学賞間違いなし!

【高血圧】アルザスワインかサンセールを4杯
 メジャーなところだけでもリースリングにミュスカ、ピノ・グリ、ゲヴュルツトラミネール、シルヴァネール、ピノ・ブラン、ピノ・ノワール。アルザスは土壌構成だけじゃなく品種も多様なんだけど、どれでもいいんですか?

【肝機能低下】辛口のシャンパーニュを4杯
 ますます悪化すると思いますが、内臓に染み渡るようなキリっと辛口なシャンパーニュだと効いた気にはなれそうです。

 そして自粛時代の最大の悩み。コロナ太りには?

【肥満】ブルゴーニュを4杯
 ザックリ過ぎる。白も赤もロゼもあるんですが……。なんでもいいの? 世のブルゴーニュ好きには好都合か。

【さらに重度の肥満】プロヴァンスのロゼをボトルで1本!
 全く医学的根拠はなさそうですが、青い海と眩しく輝く太陽。プロヴァンスのビーチに寝そべる自分の姿を想像したら、気合が入ってダイエットできるってことでしょうか?

 別の資料に当たると、感染症にはゲヴュルツトラミネールとあります。フランスの北東部。ドイツと接するアルザス地方を代表する葡萄品種で、アロマティックな香りとヴォリュームのある腰が強くスパイシーな果実味のワインが出来上がります。

 ダメ元はもちろん承知のうえで、コロナ予防に飲んでみますかね。

 参考にしたリストのうちの1つに、「ブルゴーニュに古くからあるワイン生産者が作ったものだ」と記されていたので、メールで根拠のほどを確認したのですが返信はありませんでした。そこは10年ほど前、投資家に買収され、ワイナリーの名前は変わらないけれど一族はすでにワイナリーを去ってしまったということもあるかもしれませんが……。

幅紀長(はば・としなが)
東京・銀座のワインバー・オーナー。「自分の人生は世界中のワインを理解できるほど長くはない」という真実に気付き、フランスワインに溺れた生活が長らく続いておりますが、フランスワイン好きにもそうでない方にも、そもそもワインはそれほどでも……という方にも、少しでも楽しみや興味を持っていただけたら幸いです。

週刊新潮WEB取材班編集

2020年5月1日 掲載