ロマンポルノ第3弾 「ロッテルダム映画祭」に正式招待 「牝猫たち」

ロマンポルノ第3弾 「ロッテルダム映画祭」に正式招待 「牝猫たち」

 日活ロマンポルノの再起となる「ロマンポルノ・リブート・プロジェクト」第3弾の映画「牝猫たち」が14日、初日を迎え、主演の井端珠里(29)らが舞台あいさつに登場した。ステージでは同作は欧州5大映画祭の1つ、オランダの「ロッテルダム映画祭」に正式招待されたことが発表され、井端は「日本の現代の問題を扱った作品が、海を渡り欧州でどう受け入れられるか楽しみ」と喜ぶとともに興味津々だった。

 映画は、現代日本が抱えるワーキングプア、シングルマザー、不妊症などを取り入れた作品で、悩みを抱えながらもたくましく生きる女性の姿を、ジャーナリスティックに描いた作品。白石和彌監督が、名匠・田中登監督が手掛けたロマンポルノ映画「牝猫たちの夜」(72年)をオマージュし、オリジナル脚本で挑んだ作品。ロマンポルノの大スターだった白川和子(69)も出演している。

 白川との思い出に井端は「緊縛シーンの後、泣いていたら、白川さんにギュッと抱きしめられ『これからはあなたたちの時代だから頑張って!』と励まされた。ロマンポルノの主演を受け継ぐ重みを感じた」と明かしていた。

 また、引きこもりの男性を演じた郭智博(32)は、撮影の苦労に「前貼り」とロマンポルノらしい返答。「今回が初めてだったので、何度も経験している友人の生田斗真にアドバイスを聞いたら、ひと言『全剃り』とだけ言われた」と明かし、その言葉通りに全剃りで臨んだという。

ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

デイリースポーツの他の記事もみる

エンタメの主要なニュース

エンタメのニュース一覧へ

06時00分更新

エンタメのニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索