中村吉右衛門、初代の継承「僕の天命」 演目セーブは「70歳を超えたジジイだから」

中村吉右衛門、初代の継承「僕の天命」 演目セーブは「70歳を超えたジジイだから」

 歌舞伎俳優の中村吉右衛門(73)がこのほど、都内で、歌舞伎座公演「秀山祭九月大歌舞伎」(9月1〜25日)の発表会見を行った。初代吉右衛門の俳名「秀山」を冠して行われる公演。今年は06年の初演から10回の節目にあたる。吉右衛門は「初代の優れた所を継承していく。僕の天命と思ってやっております」と意気込んだ。

 今回は自身監修の演目「再桜遇清水」には登場せず、2演目の出演にとどめた。「70歳を超えたジジイだからでございます。千秋楽まで無事に務められるか心配がございまして2つとさせていただいています」と説明し、笑わせた。

関連記事

おすすめ情報

デイリースポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

エンタメのニュースランキング

ランキングの続きを見る

エンタメの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索