由美かおる「水戸黄門」の入浴シーンの秘密を明かす

由美かおる「水戸黄門」の入浴シーンの秘密を明かす

 女優の由美かおる(66)が12日放送のTBS系「サワコの朝」で、「水戸黄門」の入浴シーンの秘密を語った。

 1986年から2010年まで人気時代劇「水戸黄門」の女忍者・かげろうお銀役で出演し、毎回の入浴シーンが人気となった。元々は入浴中の黄門の命を狙うために、混浴したのがきっかけ。以後、由美の入浴シーンは話題となり200回以上、お風呂に入り続けた。

 最初の岩風呂のシーンは、地面に穴を掘りブルーシートを敷いて水を入れただけのもの。そのため「もうどんどんお湯が少なくなって、水着が見えないように必死でした」と明かした。

 25年間、撮影時期は「週5日拘束で、丁寧に撮っていただきました」というハードな日々。また入浴シーンにも「女性的に見てもらえてうれしいですね。竹を割ったような性格なので(逆で)楽しかった」と笑顔を見せた。それでも「お風呂は家でゆっくり入るのが一番!」と茶目っ気たっぷりに振り返っていた。

関連記事

おすすめ情報

デイリースポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

エンタメのニュースランキング

ランキングの続きを見る

エンタメの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索