吉川晃司 映画「マジンガーZ」のエンディング曲歌う…永井豪氏も絶賛

吉川晃司 映画「マジンガーZ」のエンディング曲歌う…永井豪氏も絶賛

 歌手・吉川晃司(52)が、来年1月13日公開の映画「劇場版 マジンガーZ/INFINITY」のエンディング曲を担当することが12日、分かった。オファーを受けて楽曲「The Last Letter」を書き下ろしたもの。「持てる力は全て出した」と作品の世界観と見事にマッチしたパワーバラードで、原作者の漫画家・永井豪氏も「ハートに染み入る」と作品を聴き感動したという。

 マジンガーZは1970年代に人気を博した巨大ロボットアニメ。搭乗型ロボットアニメの元祖として知られ、ロケットパンチなどの多彩な武器、合体シーンなど、その後のロボットアニメの元祖となった作品だ。

 今回は画業50周年を迎える原作者・永井豪氏のプロジェクトとして映画で復活されるにあたり、製作者サイドがテレビでこの作品を見て育った世代である吉川にエンディング曲の制作をオファーしたことで実現した。

 吉川も同作のファンだったことから快諾。主人公・兜甲児(かぶと・こうじ)とマジンガーZへの思いを込めて、ロボットとパイロットの域を超えた互いの絆、そして哀愁をイメージして楽曲を制作した。

 マジンガーZに影響を受けて育ったという吉川。オファーを受け「とてもうれしい反面、身を引き締めて臨まねば、という思いで自分の持てる力は全て出しました」と自信作をアピール。作品についても「マジンガーZと(主人公の)兜甲児が今復活したらこんな話をするんだろうな、マジンガーZを1人の男として捉え、2人の会話や、2人で肩を並べて空を見ている背中、そんな情景を思いながら彼らの男の哀愁や生きざまを描いた」という。

 そんな熱き思いが込められた楽曲に、永井氏も「昔の作品に夢中になった世代の方々が、良い時代のことを思い出せるような、ハートに染み入るステキな曲です」と絶賛している。

関連記事

おすすめ情報

デイリースポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索