高田純次「脱腸」手術受けていた ロケ先で倒れそのまま入院「腹筋鍛えすぎて…」

高田純次「脱腸」手術受けていた ロケ先で倒れそのまま入院「腹筋鍛えすぎて…」

 タレント・高田純次(70)が7日、都内でマクドナルドの「超グラコロ」と「熟グラコロ ビーフシチュー」の新商品発表会に登場。今年1月6日に鼠径部(そけいぶ)ヘルニアの手術を受けていたことを明かした。自身の今年1年を漢字1文字で「術」と語った上で「1月6日に脱腸の手術をした」と明かしたもの。

 高田によると、正月にロケ先の茨城県大洗町で倒れ、現地の病院に運ばれそのまま手術を受け5日間ほど入院したという。「腹筋を鍛え過ぎて、腸が下がってきてしまったようです。子供にはよくある病気ですが、大人でもアスリートの方がかかるようです」とその原因を明かしていた。高田は2015年1月にも、椎間板ヘルニアの手術を受けていた。

 この日は自身が出演するマクドナルドの新CMも発表された。「誰もが知っている企業のCMオファーが届いたので、赤飯を炊いてお祝いした」と語り、「今なら100メートル9秒台で走れそうだよ」と相変わらずのテキトーなトークで笑わせるなど、全快をアピールしていた。

関連記事

おすすめ情報

デイリースポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索