荒木由美子 37年ぶりに新曲発売「CDを出すのは初めてなのでうれしい」

荒木由美子 37年ぶりに新曲発売「CDを出すのは初めてなのでうれしい」

 1976年の第1回ホリプロタレントスカウトキャラバンで審査員特別賞を受賞した元アイドルでタレントの荒木由美子(57)が、レコードデビュー40周年を記念し37年ぶりとなる新曲「私はブランコ」を発売することになり7日、都内で発表会を開催した。

 歌手デビュー当時はレコードの発売だったため「CDを出すのは初めてなのでうれしい」と感激しきり。「37年間、いろいろな経験をしてきたので、当時より成長したなと言われるよな、皆さんの心にとどまるような歌を歌っていきたい」と誓った。

 荒木は1983年に歌手・湯原昌幸と結婚し引退するも、直後から20年以上も義母を介護。2004年に芸能活動を復帰していた。この日は自身の介護体験を題材にしたカップリング曲「ありがとうはエンドレス」を熱唱した際、感極まって涙ぐむ場面もあった。

関連記事

おすすめ情報

デイリースポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索