ハイヒール・リンゴ 切実な女子トイレの順番待ち「年配の女性も社会的弱者」

ハイヒール・リンゴ 切実な女子トイレの順番待ち「年配の女性も社会的弱者」

 男性トイレに比べ、長蛇の列となることが多い女性トイレ。「我慢できなくなった子どもに順番を譲ったことで、後ろに並んでいた人から怒られた」という内容のツイートが、ネットで大きな話題となったことも記憶に新しい。ハイヒール・リンゴは子どもを優先することを「わかる」とした上で、トイレに関しては「年配の女性も社会的弱者」と理解を求めた。

  ◇  ◇

 女子トイレの順番待ちって大きな問題なんです。以前も順番を譲るかどうかが話題になっていました。切羽詰まった女の子を連れた母親が来たため、先頭の人が前に入れてあげた。すると「後ろの人のことも考えろ!」と4番目に並んでいた人から怒られたというツイートです。結局その先頭の女性は一番後ろに回り、それに賛同した2、3番目の人も一緒に後ろに行ったことで、文句を言った4番目の人が先頭になったそうです。

 この件で議論した時、男の人は年齢に関係なく、だいたいこう言いました。「そんな細かいこと言わなくてもいいのに」。でも女性は年を重ねるとトイレが近くなるから、年代により意見が分かれる。年配の人は「譲ってあげたいけど我慢できない時もあるから」とだいたい横入りNG。あと〇人と計算しながら待っている時の“腹積もり”というか“膀胱づもり”があり、横入りされると計算が狂うし(笑)。

 今回の件も、一番前で譲った人が、後ろからクレームが来る前に「先に入れてあげた人の分、私が一番後ろに行きますね」と言って最後に回ったら、今回のようなことにはならなかったはず。私はこれが一番いい解決策だと思ったんですけど、男性側から「そんな瞬時の判断で、人に気は遣われへん」って。そう言われると、それも一理あるなと思う。

 さらに今回のことは「子どもがおらへん人にはわからへん」ってなるかもしれない。けどそうじゃない。「順番譲ってあげた私、いいことしたわ」じゃなく、譲ってあげたことにより他の人がどう思い、影響をするか考えなあかん。他人には他人の考え方がある。十人いたら考え方も十通りあるということを知っとかなきゃ。4番目の人が「私、5番目になるやん」と声を上げたら、その人が悪くなる。でも4番目の人は悪くない。その一方で、譲るという勇気をつぶしてもいけないし、難しいですね。

 子どもって驚くほど急に「我慢できない」って言うけど、大人は「私、ちびりそう」とは絶対に言えない。平気そうな顔しても、必死になって我慢していることもあるんです。

 私は子どもが粗相した時と、大人が粗相した時の両方に遭遇したことがありますが、やはり大人が粗相したときの方が悲惨なんですよ。そんな私も、我慢できなくなっているから結構切実。子どもを社会的弱者として優先するのはわかる。ほんまにわかる。でもトイレに関しては、年配の女性も社会的弱者なんですよ。そのあたりの事情もわかって欲しいですね。

関連記事

おすすめ情報

デイリースポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索