安達祐実「家なき子」ヒットの裏で学校で孤立…靴が花壇に植えられていた

安達祐実「家なき子」ヒットの裏で学校で孤立…靴が花壇に植えられていた

 女優・安達祐実(36)が18日放送のフジテレビ系「ダウンタウンなう」(金曜、午後9・55)に出演。1994年に日本テレビ系ドラマ「家なき子」が大ヒットした当時、学校で複雑な立場にあったことを告白した。

 番組で当時は「自分の記憶では友達あまりいなくて」と、学校で孤立していたことを明かした。

 安達は「中学に入学した春から『家なき子』が放送されて、みんなドラマを見て(安達を)『相沢すずだ』みたいな感じになるので」と複雑な状況だったことを説明。

 周囲について「今考えれば敵意はなかったのかも知れませんが、当時の私はいじめられている気が満々でした」と振り返った。

 「靴がなくなってて、下駄箱から。花壇に植えられていたりとか」と嫌がらせがあったことを告白。司会のダウンタウン・松本人志が「何が咲くんやろうね」と同情していた。

 安達は親や担任には相談していたが「先生たちも気遣ってはくれましたが、具体的な改善策がなくて」と振り返っていた。

関連記事

おすすめ情報

デイリースポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索