坂上忍、子役時代に学校で壮絶イジメ…窓から机投げ捨てられ 彫刻刀で「殺す」

坂上忍、子役時代に学校で壮絶イジメ…窓から机投げ捨てられ 彫刻刀で「殺す」

 タレント・坂上忍(50)が18日放送のフジテレビ系「ダウンタウンなう」(金曜、午後9・55)に出演。人気子役として活躍した当時、学校で壮絶なイジメにあったことを告白した。

 ゲスト出演した女優・安達祐実(36)が、94年にドラマ「家なき子」が大ヒットした当時、学校で孤立していたと告白。「今考えれば敵意はなかったのかも知れませんが、当時の私はいじめられている気が満々でした」と靴が花壇に植えられていたことなどを明かした。

 これに坂上が「僕もそうだった、結構いじめられていた時期があって」と切り出した。「ほんと机がなかったですからね。窓から放り投げられてて、自分で拾いに行って、グラウンドで拾ったら、彫刻刀で殺すって書かれてた」と明かした。

 司会のダウンタウンらも驚く中「マジですよ。えぐかったですよ。だから生きていくために、やり返さないと生きていけないという」と厳しい状況にあったことを振り返っていた。

関連記事

おすすめ情報

デイリースポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索