TAKAHIRO 映画監督に意欲「日常を切り取ったようなものを撮りたい」

TAKAHIRO 映画監督に意欲「日常を切り取ったようなものを撮りたい」

 EXILEのTAKAHIRO(33)が13日、都内で行われた国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア2018」のトークショーに登場し、監督業への意欲を見せた。

 EXILE・HIRO(49)らによる短編プロジェクト「シネマファイターズ」の一編「カナリア」に主演しており、「セリフが2つくらいしかなくて、役者として試されました」と回顧。監督への興味を聞かれると「ヒューマンドラマが好きで、いつかそういうものを撮ってみたい。『ブルーバレンタイン』って映画が好きで、日常を切り取ったようなものを撮りたい」と前向きだった。

関連記事

おすすめ情報

デイリースポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索