俳優の高橋英樹(75)が16日、都内で行われたイベントに、娘でフリーアナウンサーの高橋真麻(38)とともに登場した。

 昨年12月に第1子の妊娠を発表した真麻が現在妊娠7カ月。高橋は、孫の誕生が待ち遠しい様子で「あこがれの“じぃじ”でございます。数カ月後には、品川中のアメがなくなると思います」と“じじバカ”を予告した。

 真麻は白いストライプのワンピース姿。穏やかな表情で「ほとんどつわりもなく、今までよりむしろ健康的。おなかの張りもほとんどなく、食べ過ぎた時の方がまだ出ていたぐらい」と順調な近況を報告した。

 出産に対しての不安はない様子で「産後いつ復帰するか、しか考えていない。芸能界最速を狙ってですね、産休は代わりに英樹が取ります!」と仕事への意欲満々。「私を担当なさっているメークさんは、10日で復帰された。まわりにご迷惑をかけない範囲で割と短めにと思っています。長くても1カ月…。目指せ10日?そうですね」と早期の職場復帰をもくろむ娘に、高橋は「バツ、バツ、バツ!私は(真麻誕生時に)2カ月バッチリ休みました」と大慌てで心配していた。