女優の松雪泰子(47)が24日、都内で行われた主演映画「甘いお酒でうがい」(4月10日公開)の大ヒット祈願イベントに共演の黒木華(30)、清水尋也(20)と登壇した。

 お笑いコンビ・シソンヌのじろう(41)が、コントで演じてきたキャラクターを主人公にして執筆した小説の映画化。40代独身のベテラン派遣社員「川嶋佳子」の平凡ながらも喜怒哀楽の移ろう日々を描いている。

 清水演じる年下の青年との年齢差を超えた恋模様もあり、松雪は「二回り以上、離れてますもんね」と微笑。隣の清水は「恋愛に年齢は関係ないですから!!」と力強かった。