モデルの「ゆきぽよ」こと木村有希(23)が24日、都内で、無観客イベント「超十代2020デジタル」に、池田美優(21)、NMB48の梅山恋和(16)、上西怜(18)、山本彩加(17)らと出演した。

 当初は幕張メッセでフェスとして開催し、観客1万人を動員予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、内容を変更。ギャルの聖地として知られる商業施設「SHIBUYA 109」のスタジオからの無料生配信となり、視聴者数は25万人を越えた。スタッフ、報道陣の入場も最小限に抑え、マスク着用を義務化してコロナ対策を施した。

 ゆきぽよは紫のパーカに白とオレンジのスニーカーを合わせたカラフルコーデで、新曲「めっかわ〜一生ギャル宣言!〜」(27日配信)を初披露。両手で『M』を作るキュートな振り付けも交えて、「Vサインを(逆にして)Mにするだけなので、中学生とか若い子にもマネしていただけたらうれしいです」と“ギャルダンス”をティーンに伝授していた。