NHK連続テレビ小説の主演によるバトンタッチセレモニーが24日、東京・渋谷の同局で行われ、28日に最終回を迎える「スカーレット」の戸田恵梨香(31)と、30日スタートの「エール」の窪田正孝(31)が出席した。半年に1度の恒例行事だが、今回は新型コロナウイルスの感染防止のために、報道陣には非公開に。関係者のみが見守る中、作品にちなんだプレゼント交換として、戸田から「滋賀・信楽焼の夫婦茶碗」を、窪田から「福島・川俣産シルクのスカーフ」を贈り合った。

 バトンを引き継ぐ窪田は、二階堂ふみ(25)と夫婦役を演じるとあって、「素敵な信楽焼をいただいたので、早速ふみちゃんと一緒にお米を食べるシーンで使わせていただこうと思います」と感謝。“朝の顔”の大役を終える戸田は、「いまだに撮影が終わった感覚がないんですけれど、本当にかけがえのない、ぜいたくな時間を過ごせたんだなと改めて思います」と感慨にふけっていた。