参議院議員の有田芳生氏が24日、ツイッターに新規投稿。安倍晋三首相、麻生太郎財務相が、森友学園を巡る公文書改ざん問題に関し、自殺した財務省近畿財務局職員の妻が再調査を求めるも否定的な言葉に終始していることについて「きっと続報がある」とツイートした。

 有田氏は「『週刊文春』のキャンペーンにかつて関わってきたひとりとして確信しています。赤木俊夫さんの自死をめぐる安倍総理、麻生副総理の国会『冷血』答弁に対して、きっと続報があることでしょう」とした。

 自殺した赤木俊夫さんの妻は、決裁文書の改ざんは佐川宣寿元国税庁長官の指示だったとする夫の手記を公表して提訴したが、安倍首相や麻生氏は再調査をしない意向を示している。