TBSの定例会見が25日、都内の同局で行われ、恒例の人気バラエティー「オールスター感謝祭2020春」(4月4日、後8・00)を新型コロナウイルスの影響で例年とは違う形で放送すると発表した。

 通常はスタジオに160人のタレントが集結し、華やかな雰囲気の中でクイズに挑むが、今回は別のスタイルに変更。合田隆信編成局長は「がらっと違う演出でやろうと思っています。スタジオにタレントの方がずらっとそろう形にはならない。内容の詳細は最終検討中」と説明した。

 人気企画「赤坂5丁目ミニマラソン」も例年、沿道にファンが集まることから、史上初めて場所を移して実施するという。