NHKの和久田麻由子アナウンサーが27日の放送で「おはよう日本」を卒業した。

 白地に黒のラインが入ったブラウス姿の和久田アナは全国放送の番組エンディングでは「6年間『おはよう日本』を担当しました」と切り出し「お伝えするのが辛いニュースも数多くありましたが、その一方で心が明るくなる話題も幅広くお伝えできたこと、そしてそれを朝一番に皆さんに届けられたこと、幸せでした」と、しっかりとした口調であいさつした。

 その後、関東甲信越のニュースの最後にも、高瀬耕造アナから「和久田さん、これで本当に『おはよう日本』最後」と促されると「名残惜しいですが、本当に皆さんありがとうございました」と改めて感謝。そして「これからも毎日、皆さんが少しでも明るく穏やかな朝を迎えられるように心からお祈りしています」と言うと、「では、おはよう日本、これで失礼します」と締めくくっていた。

 またこの日は、林田理沙アナも卒業。「2年間本当に皆さん、ありがとうございました」とあいさつ。和久田アナは来週からは夜の「ニュースウォッチ9」のキャスターに就任する。