タレントの大場久美子が27日、公式ブログを更新し、自宅のガスコンロと給湯器が限界を迎えたことを明かしている。

 キッチンのショールームを訪れた大場は「ガスコンロが壊れてまして…3口のうち最後のひとつをごまかしながら使ってきましたが…いよいよ危険なので…」と、ガスコンロが限界に来ていることを報告。さらに「給湯器も消費期限きれてまして…」と、かなり危険な状況のようで「仕方なく取り替えます」と、ショールームを訪れた目的を説明した。

 担当者に条件やリクエストを聞かれた大場は「デザインは何でもいいです 火が使えて一番安いやつください」と単刀直入に答え、「目的がはっきりしていてやりやすい」と感心されたという。

 「取り替えもサイズやら形態やら大変なんですね〜。苦手だなぁ」という大場は「私は自分の寿命を計算していろいろ選びます。あと何年もてばいいみたいにね」、「賃貸で古くなったら住み替える。私はそのほうがいいな」と、自身の生活哲学を披露している。