歌舞伎俳優の坂東彌十郎(64)が27日、公式ブログを更新し、64歳にして現代劇のドラマに初めて出演することを明かしている。

 彌十郎は「ゼロから出発」と題した投稿で「今迄の役者人生の中で映像のお仕事は本当に少なく まして現代劇は映画が一度だけでした」と現代劇、映像の出演数の少なさを説明した。

 その上で「急遽初現代劇のドラマ 2シーンだけで目立たないかもしれませんが トライしてみることにしました」と、初めて現代劇のドラマに出演することになったと報告し、「64歳新人です」とつづった。

 続く「待機中」と題した投稿では「皆様 期待しないでください 本当にちょっとだけ」と予防線を張り、「普通のおじさんです」と役どころを説明。ワイシャツにネクタイ、マスク姿の役衣装とみられる写真を添えて「撮影待機中 緊張してます」と心境を短く記している。

 彌十郎は1973年5月、歌舞伎座で初舞台を踏んでおり、舞台のキャリアは47年に及んでいる。