NHKの高瀬耕造アナウンサーが29日、同局「おはよう日本」の朝ドラ送りで、この日から再び第1回から再放送した朝ドラ「エール」へ「エールにエールを!」と“エール”を送った。

 朝の連続テレビ小説「エール」は、新型コロナウイルスの影響で撮影がストップしたため、この日の放送からは第1回からの再放送が始まった。

 東京オリンピック開会式で緊張に震える裕一(窪田正孝)を励ます音(二階堂ふみ)の姿から、時代はさかのぼり、裕一が誕生し、父・三郎(唐沢寿明)が歓喜するシーンまでが描かれた。

 朝ドラ開始直前の「おはよう日本」で高瀬アナは「この後はエールです」と紹介すると、「といっても第1回から再び放送するという、これまで経験のない展開になります」と説明。そして「内輪にはなりますが、皆さんどうぞご唱和ください!エールにエールを!」と、前代未聞の展開となっている朝ドラに「エール」を送っていた。