女優の伊藤沙莉(26)が29日、都内でアニメ映画「小さなバイキング ビッケ」(10月2日公開)の公開アフレコを行った。

 70年代には日本でも最高視聴率20・5%を記録した名作のリメーク。大人気漫画「ONE PIECE」のモチーフにもなった。主人公の少年・ビッケの声を担当した伊藤は、報道陣の前でのアフレコに「やりづらかった。見られちゃいけない顔にならないように気をつけました」と苦笑した。

 コロナ禍による外出自粛期間は、カラオケ機器を購入して自宅で延々と熱唱していた一方で、料理の腕も磨いたといい「花嫁修業みたいな期間でした」と告白。花嫁になる見通しを問われると「予定ないんです!」と叫びつつ「これから出会う人とはうまくいきそうです」と笑った。