囲碁の最年少棋士、仲邑菫初段(11)が29日、大阪・日本棋院関西総本部で行われた「第30期竜星戦予選B」で荒木一成六段(42)と対局。268手で仲邑初段が白番6目半勝ちした。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で休止されていた囲碁の公式戦再開後、3連勝となった仲邑初段は「序盤は少し悪いと思っていましたが、中盤右辺の黒石を取ったあたりから良くなったように思います」とコメント。敗れた荒木六段は「右辺で少し見損じがあり形勢が悪くなりました」と敗因を振り返った。

 仲邑初段はこの日の勝利で今年の成績を10勝10敗の五分に戻し、公式戦通算を27勝17敗とした。