「青汁王子」の異名でテレビ番組にも多数出演経験のある実業家の三崎優太氏(31)が29日、都内で日本の未来を支える若者を支援することを目的とした「三崎優太 若者のみらい応援基金」の創設記念発表会を開いた。三崎氏は自身の法人税違反問題を「あれほど大変なことは、人生の中で経験したことはない」と振り返った。

 新型コロナウイルスの影響で日本経済は深刻な状況だが、三崎氏は「僕の場合はコロナ以外にも大変でした。それも経験だと思う。いろいろなことを経験したんで慣れました。(コロナより)1年前の(法人税法違反の)時の方が大変でしたね。あれ以上のことは人生で経験したことないです」と、事件を振り返った。

 三崎氏は18歳で起業し、2017年には青汁の販売で年商131億円を稼ぎ出すまで成長したが、昨年9月、約1億8千万円を脱税したとして法人税法違反などで懲役2年、執行猶予4年の有罪判決を受けている。

 三崎氏は今後の柱として「ビジネスコンテストの開催」、「無料でのコアワーキングプレイスの提供」、「3×3EXE PREMIERへの参入」、「MUSIC EVENT」、「GAME EVENT」を挙げた。若者に「たくさんチャレンジしてほしい」と訴え、「最近は元気のない若者が多くなっている。欲望に忠実に努力してほしい」とエールを送った。

 ゲストのタレント・テリー伊藤(70)は「以前不祥事を起こして、ラーメン屋で働いていると聞いて『頑張ってるな〜』と思った」と法人税法違反に触れ、三崎氏が31歳と聞くと「俺が31の時は女の子のおしりばっかり追いかけてた」と感心していた。