将棋の第61期王位戦第1局が1日、愛知県豊橋市で始まった。木村一基王位(47)に藤井聡太七段(17)が挑戦するが、史上最年長でタイトルを獲得した木村王位に、史上最年少でタイトル挑戦者となった藤井七段が挑む図式でも注目が集まる。

 注目の昼食だが、木村王位、藤井七段ともに「三河鮮魚の海鮮丼」を注文した。

 前回は初の和服姿でも注目を集めた藤井七段。今回は淡い色の羽織姿で登場した。午前9時から対局が開始。10時には「おやつ」として、藤井七段は「豊川 榎本さんのブルーベリータルト」とアイスコーヒーを注文していた。