自身の姉が勤務していたタピオカ店のオーナーとトラブルになり、昨年11月から芸能活動を自粛していたタレントの木下優樹菜(32)が1日、活動再開を発表した。レギュラー番組「ニンゲン観察バラエティ モニタリング」(木曜、後8・00)を放送するTBSは「まだ何も決まっておらず、お答えすることはありません」と回答。降板は発表されておらず、番組HPには木下の画像が残っている。

 木下に近い関係者によると、SNSは再開するものの、「テレビなどの現場復帰は未定」という。

 木下は自身のインスタグラムで「また本日からよろしくお願い致します」と活動再開を報告。所属事務所の公式サイトでは「弊社、木下優樹菜とも、復帰について厳しいご意見があることは真摯に受け止めており、一度失った信頼を回復することが容易ではないことも重々承知しております」としている。

 木下は昨年10月、自身の姉が勤務していたタピオカ店のオーナー側に“どう喝メール”を送ったことなどが判明し、騒動に。同年11月18日に活動休止を発表していた。同12月31日には、FUJIWARA・藤本敏史(49)と離婚。2児をひきとり育てている。