稀勢の里−御嶽海に懸賞最多タイ61本 通算5例目

稀勢の里−御嶽海に懸賞最多タイ61本 通算5例目

 「大相撲夏場所・7日目」(20日、両国国技館)

 稀勢の里−御嶽海の一番に過去最多に並ぶ61本の懸賞が出た(60本プラス観衆の投票による森永賞の1本)。61本の懸賞は5例目だが、過去はいずれも千秋楽や14日目といった終盤戦でのもので、7日目では例がない。

 御嶽海を退けた稀勢の里は、分厚い懸賞の束の受け取り方について聞かれたが「特にない」とそっけなかった。

 懸賞1本につき、勝利力士が手にする手取りの金額は3万円。この日の稀勢の里は183万円を得たことになる。

 【過去の懸賞61本の取組】

(1)15年初場所 千秋楽 白鵬○−●鶴竜

(2)15年秋場所 千秋楽 照ノ富士○−●鶴竜

(3)16年夏場所 14日目 稀勢の里●−○鶴竜

(4)17年初場所 千秋楽 白鵬●−○稀勢の里

ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

デイリースポーツの他の記事もみる

主要なニュース

主要なニュースをもっと見る

16時08分更新

社会のニュースをもっと見る

13時55分更新

経済のニュースをもっと見る

14時27分更新

政治のニュースをもっと見る

13時30分更新

国際・科学のニュースをもっと見る

15時24分更新

エンタメのニュースをもっと見る

15時26分更新

スポーツのニュースをもっと見る

16時13分更新

トレンドのニュースをもっと見る

10時39分更新

仕事術のニュースをもっと見る

16時10分更新

生活術のニュースをもっと見る

07時14分更新

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索