【オークス】展開から浮上するのはこの馬だ

【オークス】展開から浮上するのはこの馬だ

 「オークス・G1」(21日、東京)

 今年は桜花賞路線を歩んできたなかで、スピード型の先行馬が不在。過去10年の前半3F平均は35秒5だが、それよりは遅い流れが予想される。横山典の(15)ヤマカツグレースが先手なら、道中の動きもそれほどなさそうだ。

 例年ほど差し有利ではなく、スローなら折り合い面の難易度も上がる。(2)ソウルスターリング、(14)リスグラシューは遅いペースで動かすとスイッチが入る雰囲気もあり、脚を小出しには使いにくい。

 人気3頭では(16)アドマイヤミヤビが優位。折り合いに不安がなく、大跳びだけにリズム良く運べる外枠もむしろいい。トライアルで先行した(3)フローレスマジックの一発にも警戒しておきたい。

ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

デイリースポーツの他の記事もみる

主要なニュース

主要なニュースをもっと見る

05時06分更新

社会のニュースをもっと見る

03時02分更新

経済のニュースをもっと見る

05時40分更新

政治のニュースをもっと見る

03時01分更新

国際・科学のニュースをもっと見る

02時31分更新

エンタメのニュースをもっと見る

05時30分更新

スポーツのニュースをもっと見る

19時49分更新

トレンドのニュースをもっと見る

21時48分更新

仕事術のニュースをもっと見る

09時41分更新

生活術のニュースをもっと見る

10時04分更新

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索