好カード目白押しの甲子園 早朝から長蛇の列

好カード目白押しの甲子園 早朝から長蛇の列

 「全国高校野球選手権」(11日、甲子園球場)

 好カードが目白押しとなった大会第4日は祝日の「山の日」と重なったこともあり、甲子園には早朝から多くの高校野球ファンが詰めかけた。

 第1試合の開始2時間前の午前6時には、開門を待つ人の長蛇の列が阪神高速の高架下と道路を挟んだ横の広場をびっしりと埋め尽くし、約150メートル離れた阪神甲子園駅にまで到達。係員が「今からではチケットはご購入できません」とアナウンスし、入場無料の外野席での観戦を促した。

 開門時刻は、外野席が通常より45分早い午前6時15分。他の席も同6時30分に繰り上げられ、同時刻に今大会初の満員通知が出された。午前7時20分の時点で、外野席はファンでほぼ埋まった。

 阪神電鉄は臨時ダイヤを組んで対応。それでも、午前6時には電車が通勤ラッシュ並みの混雑となった。

 大会第4日のカードは、第1試合が中京大中京−広陵、第2試合が秀岳館−横浜、第3試合が興南−智弁和歌山、第4試合が大阪桐蔭−米子松蔭。甲子園優勝経験校が6校、合計優勝回数30回という顔ぶれとなっている。

関連記事

おすすめ情報

デイリースポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索