広島・鈴木、2戦連発の2ランで先制 直前には好守も

広島・鈴木、2戦連発の2ランで先制 直前には好守も

 「広島−巨人」(11日、マツダスタジアム)

 広島が、鈴木の2試合連続25号2ランで先制した。

 広島は四回、先頭の菊地が右前にポトリと落ちる二塁打で好機を作り、1死後に鈴木が左翼席へ特大の2ランを放った。これで打点もリーグトップの87とした。

 4番打者は「積極的にいけて良かったです。良い先制点になりました」と振り返った。

 5月21日・中日戦以来の先発・福井が四回、2死から連打で一、二塁のピンチを招いたが、亀井の右中間への打球を鈴木が好捕していた。

関連記事

おすすめ情報

デイリースポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索