【舩越園子の目】松山が一緒に歩いたメジャー4勝エルスとの36ホール

【舩越園子の目】松山が一緒に歩いたメジャー4勝エルスとの36ホール

 「米男子ゴルフ・全米プロ選手権・第2日」(11日、クウェイルホローC=パー71)

 その昔、米ツアーにデビューして間もなかったころの松山英樹がアーニー・エルスのそばに立つと、当たり前だが、エルスは大人に見え、松山は子供のように小さく見えた。

 だが、全米プロの予選2日間を同組で回っていた2人は、着々とスコアを伸ばす松山が大きく見える一方で、どんどんスコアを落としていったエルスは弱々しく小さく見えた。

 47歳のエルスの今のスイングは、かつて“ビッグイージー”と呼ばれた彼の黄金時代のスイングとは様変わりしている。歩くスピードも遅く、傾斜地を昇るときは少々つらそうにしていた。

 36ホール目の18番。2人は一緒に歩き始め、エルスがしきりに松山に何かを説いていた。松山は真剣な眼差しを向け、うなずいたり、笑ったり。エルスいわく、「僕もそうだったけど、メジャーに勝つ選手は他選手より秀でた何かを持っているものだ。ヒデキにはミスしたときの優れたリカバリー力がある」。

 そうやって松山を温かく激励していたエルスは、やっぱり素敵で大きく見えた。そして、メジャー初優勝を目指す過程でメジャー4勝のエルスから激励される機会を得たことは、松山の運命に何かしら好影響を与えるのではないか。そんな予感がした。

(在米ゴルフジャーナリスト)

関連記事

おすすめ情報

デイリースポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索