ロッテ・伊東監督、来季去就について言及

ロッテ・伊東監督、来季去就について言及

 「ロッテ−西武」(12日、ZOZOマリンスタジアム)

 ロッテの伊東勤監督(54)が試合前、来季の自身の去就について触れ、「なにもないです。この成績を見て、皆さんがどう判断するかです」と語った。

 5位の日本ハムとは1ゲーム差の6位(11日現在)。今季は開幕から4連敗のスタートで、5月には8連敗を喫するなど最下位が定位置となっていた。

 だが、8月に入ってチームの調子も上向き、現在は4勝5敗。最下位脱出がやっと手の届くところまできた。

 林球団本部長は、「まだなにも決まっていません」と伊東監督の来季の去就が白紙であることを明らかにした。

 さらに、「新外国人に期待したが、そうならなかった。日本人選手も去年のパフォーマンスを出せなかった」と低迷の原因の一端を語り、さらに伊東監督の手腕についてはこう続けた。

 「この1年だけでどうのこうのという判断ではない。高く評価している」と5年間で3度のAクラス入りを強調した。

 だが、伊東監督も何度か『責任』という言葉を口にしており、その動向は流動的で去就の行方が注目される。

関連記事

おすすめ情報

デイリースポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索