リレー最終走者・藤光「ケンブリッジの分、ハキームの分、走りたいと」

リレー最終走者・藤光「ケンブリッジの分、ハキームの分、走りたいと」

 「陸上・世界選手権」(12日、ロンドン競技場)

 男子400メートルリレー決勝が行われ、日本(多田修平、飯塚翔太、桐生祥秀、藤光謙司)は38秒04で3位で、史上初のメダルに輝いた。

 多田「スタートが結構決まり、予選よりいい走りが出来た。プレッシャーとかあったけど、みなさんの声援のおかげ。本当に感謝している」

 飯塚「うれしい。内容はいろいろありますが、純粋にうれしい。本当に『ありがとう』の言葉を伝えたい。日本の走る力を世界にアピールできた」

 桐生「メダル取れてよかった。いろいろな思いがあるが、チームに支えてもらった恩返しできた。100の個人で出られなかったが、リレーでこうやってメダルを持ち帰れるのはうれしい。また2年後、メダリストに。これからもっと注目されるけど、僕ら4人、ハキーム君、ケンブリッジさんと6人、みなさんのためにもしっかりとこれぞ日本の陸上!と盛り上げていきたい」

 藤光「最高です!予選を通過してくれたケンブリッジの分、サポートしてくれたハキームの分、走りたいと思っていたので、こういう結果になってよかった。去年走ることができなかったが、こういう機会与えてもらい、感謝している。昨年で終わることも一瞬考えたが、周囲に支えてもらった方のおかげで、ここにいる」

関連記事

おすすめ情報

デイリースポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索