稲葉監督初陣へ侍J発表「負けるわけにはいかない」 「悩んだ」OAは又吉、甲斐、山川

稲葉監督初陣へ侍J発表「負けるわけにはいかない」 「悩んだ」OAは又吉、甲斐、山川

 「アジアプロ野球チャンピオンシップ2017」(11月16日開幕、東京ドーム)に出場する侍ジャパン(24歳以下か、プロ3年目までの選手)が12日、都内で発表された。DeNAの山崎康晃投手や、阪神の石崎剛投手ら25人が選ばれた。オーバーエイジ枠では、又吉克樹投手(中日)、甲斐拓也捕手(ソフトバンク)、山川穂高内野手(西武)が選ばれた。

 今大会が初陣となる稲葉篤紀監督は選考の悩みどころを「オーバーエイジの3人をどう選んで、どのようにプレーヤーとして戦ってもらうか」と振り返り、一塁手、二塁手に24歳以下で適任がいなかったと語った。

 打線ではオーバーエイジで選出した山川が西武では一塁を守っている。「西武で途中、4番を打っていましたし、軸を打ってほしいなという思いは持っています」と中軸でのプレーを期待。又吉は「中継ぎの軸としてしっかりやってもらいたい」。甲斐は捕手としてソフトバンクの優勝に貢献したとして、「今後を見据えて是非見たい」と選出理由を説明した。

 発表後に行われた参加3チームの監督による会見では今大会が初陣となる稲葉監督は「私の初陣が始まるなという実感をしております。開催国として負ける訳にはいかないと思っております。メンバーと強く結束し、この大会を優勝することでアジアのライバルである台湾、韓国に日本の強さを示していきたいと思っております」と力強く宣言した。

 各選手は以下の通り。

 ▽投手 山岡泰輔(オリックス)、又吉克樹(中日=OA)、多和田真三郎(西武)、山崎康晃(DeNA)、近藤大亮(オリックス)、今永昇太(DeNA)、薮田和樹(広島)、平井克典(西武)、石崎剛(阪神)、堀瑞輝(日本ハム)、田口麗斗(巨人)

 ▽捕手 近藤健介(日本ハム)、田村龍弘(ロッテ)、宇佐見真吾(巨人)、甲斐拓也(ソフトバンク=OA)

 ▽内野手 京田陽太(中日)、源田壮亮(西武)、外崎修汰(西武)、中村奨吾(ロッテ)、西川龍馬(広島)、松本剛(日本ハム)、山川穂高(西武)

 ▽外野手 オコエ瑠偉(楽天)、桑原将志(DeNA)、上林誠知(ソフトバンク)

 同大会は日本の侍ジャパンと韓国、台湾の3チームが総当たり2試合を行った後、上位2チームによる決勝戦で優勝を争う。参加資格は1993年1月1日以降生まれか、プロ入団3年目以内。ただし、オーバーエイジ枠が3人ある。なお、台湾代表にはオーバーエイジで陽岱鋼(巨人)、陳冠宇(ロッテ)が選ばれている。韓国はNPBの中日で活躍した宣銅烈監督が率いる。

関連記事

おすすめ情報

デイリースポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索