東京五輪へ 森保ジャパン誕生 初陣は12月のタイ遠征

東京五輪へ 森保ジャパン誕生 初陣は12月のタイ遠征

 日本サッカー協会は12日、都内のJFAハウス内で定例理事会を開き、来年1月に発足するU−21(21歳以下)日本代表監督に、J1広島の元監督である森保一氏が就任することを承認した。同代表は、2020年の東京五輪に出場する世代となっている。

 日本協会は、9月26日に開かれた技術委員会で、西野朗技術委員長に監督選びを一任することが決定。「早い段階で人事を固めたいか?はい。そう遠くはないと思います」と話していた。その後、欧州滞在中の森保氏に日本協会の担当者が接触して、就任を正式に要請、合意に至っていた。

 森保氏は日本人監督では史上最多となる3度のJ1優勝を誇り、現在A代表に定着しているFW浅野拓磨(シュツットガルト)を鍛えるなど、育成手腕も高い。初陣となるのは、12月に行われるタイ遠征(詳細未定)で、その後、来年1月9日に開幕するU−23アジア選手権(中国)に東京五輪世代となる21歳以下の代表チームで臨む。

関連記事

おすすめ情報

デイリースポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索