カープ堂林、3年連続減俸で背水9年目へ 今季出場44試合止まり「危機感ある」

カープ堂林、3年連続減俸で背水9年目へ 今季出場44試合止まり「危機感ある」

 広島の堂林翔太内野手(26)が13日、宮崎県日南市内で契約更改交渉に臨み、3年連続のダウン提示となる150万減の年俸1500万円でサインした。今季は44試合の出場で打率・217、1本塁打、11打点と低迷。秋季キャンプでは、課題の打撃向上に努めている。9年目を迎える来季の目標には全試合1軍帯同を掲げ、決死の覚悟ではい上がる。

 歯を食いしばる。大自然に囲まれ、のどかな雰囲気が漂う中、堂林は必死の形相でスイングを続けた。メニューに組み込まれたロングティー打撃。アドバイスを送りながらトスを上げる東出打撃コーチに全力で応えた。背水の覚悟で臨む来季へ、一心不乱に汗を流している。

 「(在籍)年数も9年目になりますし、とにかく頑張らないとという状況。全試合1軍に帯同しておけば、おのずとチャンスも回ってくるかなと思うので、はい上がっていければいい」

 今季は44試合の出場で打率・217、1本塁打、11打点。開幕1軍入りを果たし、序盤は結果を残していたが「後半になって自分の打撃を見失った」と振り返るように不振に陥った。何度か与えられたチャンスもモノにできず、悔いが残る一年となった。

 一方で2軍では悩みながらも57試合の出場で打率・304、7本塁打、43打点と好成績をマーク。降格後も再昇格を目指し、意地を見せた。「1軍に呼ばれた時に、結果を出せなかったのは自分の弱さや技術のなさがあった」と明確な課題を痛感した。

 秋季キャンプでもまだ不振脱却の糸口はつかめていない。早出から打撃練習に取り組むなど、迎、東出の両打撃コーチにアドバイスを求めながら打開策を模索している。

 東出コーチは「まずは、自分の頭の中で考えていることと、実際にやっていることのズレをなくさないといけない。そういった感覚を整えていくことがこれからの取り組みになる」と説明。堂林が自らを見直し、昨秋につかんだ感覚を取り戻すことに時間を割いていく。

 練習後に行われた宿舎での契約更改交渉では3年連続ダウンとなる150万減の年俸1500万円でサイン。覚悟はできていた。「とにかく結果を出してやるだけ」と巻き返しへの強い意欲を示した。

 来季に向ける目はこれまでとは違う。「ずっと情けない状態が続いているので、危機感はある」。積もり積もった悔しさを胸に2018年へ、強い覚悟で歩みを進めていく。

関連記事

おすすめ情報

デイリースポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索