マーリンズGM、イチロー再契約の可能性否定「若返りの球団方針に合わない」

マーリンズGM、イチロー再契約の可能性否定「若返りの球団方針に合わない」

 米大リーグ、マーリンズのマイケル・ヒル・ゼネラルマネジャー(GM)が13日(日本時間14日)、過去3年間プレーしたイチロー外野手(44)との再契約の可能性を否定した。この日、フロリダ州オーランドで始まったGM会議で取材に応じ、明らかにした。

 マーリンズはワールドシリーズ終了後の今月3日に球団が持つ同選手の来季の年俸200万ドル(約2億3千万円)の契約の選択権を行使しないと発表。9月末に球団の買収が正式承認された元ヤンキースのジータ−CEO(最高経営責任者)ら新オーナー陣にとって今オフ最初の決断となった。

 過去2年はシーズン終了後にイチローの契約更新を発表していたヒルGMは「若返りを図りたいチームの方針に合わなくなった。この3年間、イチローはチームに多くのものをもたらしたが、これまでとは異なる方向にかじを切った」と説明。

 総年俸削減の方針を打ち出していることから、フリーエージェント(FA)になったイチローとは条件を見直して再契約する可能性も考えられたが、同GMによると、選択権を行使しないと決めた際に本人にチームの考えを伝えたという。

関連記事

おすすめ情報

デイリースポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索