中田は日本ハム残留を表明 FA権行使せず「ファンを裏切っていいのかと思った」

中田は日本ハム残留を表明 FA権行使せず「ファンを裏切っていいのかと思った」

 日本ハム・中田翔内野手(28)が14日、札幌市内の球団事務所で会見し、今季取得した国内FA権を行使せず残留することを表明した。「今回、球団といろんな話をさせてもらって、残留することに決めました」と話した。

 中田は10年目の今季、打率・216、16本塁打、67打点の成績。この日、球団からの8000万円の大幅減となる年俸提示を受け入れて、年俸2億円プラス出来高で1年契約を結んだ。(金額は推定)

 それでも「シーズン終盤はファンの方に(お前が必要という)横断幕をかけてもらって、心の底からうれしかった。ファンの皆さんを裏切っていいのかと思った」と巻き返しを誓った。

関連記事

おすすめ情報

デイリースポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索