カープ新井あと10年現役「やります」 14年連続の護摩行で決意新た

カープ新井あと10年現役「やります」 14年連続の護摩行で決意新た

 広島・新井貴浩内野手(40)が11日、和歌山県伊都郡高野町の高野山清浄心院で14年連続の護摩行に挑み、石原、会沢、堂林と約1時間半、炎と向き合った。池口恵観住職(81)は「あと10年できる」と太鼓判。新井も「やります」と意欲を燃やすと同時に、日本一への決意を強くした。

 気温マイナス6度。真っ白に雪化粧した高野山で、新井は顔を真っ赤にしてお経を唱え続けた。新しい年の始まりを告げる荒行は14年連続。護摩木は昨年より1000本増の3000本。約1時間半、燃えさかる炎と無心で向き合い、今季への決意を新たにした。

 「今年もきつかったと思う。やっている時は何も考えられない。声も自然と出る。原点に戻るし、『よし、やるぞ!』と気持ちがグッと引き締まります」

 高野山での護摩行は今年が初めて。標高800メートルを超える世界遺産には神々しい雰囲気が漂う。同地を訪れるのは「3、4回目」と言う新井も、特別なパワーを感じ取っていた。

 「雰囲気が違うでしょ?着いた瞬間、空気と雰囲気がちょっと違うと感じた。別世界。素晴らしいところと知っていたので、そこでやらせてもらって感謝しています」

 節目のプロ20年目、心と体が充実している。ウエートトレーニングでは過去最高の数値を記録。それを証明するように、池口住職はシーズンMVPを獲得した一昨年以上の活躍を予言。「一球闘心」という四字熟語を授け、「50歳現役」に太鼓判を押した。

 「それ(2016年)以上に、気と力と若さが出ていた。新井には『50歳を過ぎてもやれ』と言った。本人も『やります』と言っていた」

 新井は今月30日に41歳を迎えるが、気力と体力は衰えるどころか、進化し続けている。それを支えるのは「日本一」への思い。昨季は「チームが苦しい時に救いたい」と繰り返し、チームの精神的支柱としてリーグ連覇に貢献した。

 その姿は今年も変わらない。2年連続で護摩行に参加した堂林、会沢には「昨年、厳しい経験をして、『今年もお願いします』と言ってきた。すごく気持ちが入っていると感じた」と優しいまなざしを向ける。

 護摩行はあと2日。新井は「キャンプが始まる前に心を締めてやりたいと思う」と力を込めた。頂点だけを見据える心はメラメラと燃えている。

関連記事

おすすめ情報

デイリースポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索