大相撲新弟子検査で9人合格 横綱大鵬の孫・幸之介が16日から前相撲

 「大相撲初場所」(14日、両国国技館)

 日本相撲協会は、新弟子検査の合格者9人を発表した。“昭和の大横綱”大鵬(故人)の孫で元関脇貴闘力の三男・納谷幸之介(17)=埼玉栄高三年、大嶽=が3日目の16日から前相撲を取る。先場所、検査に合格し、興行ビザを取得した元横綱朝青龍のおいで千葉・日体大柏高3年のスガラグチャー・ビャンバスレン(18)=モンゴル出身、立浪=も初土俵を踏む。

関連記事

おすすめ情報

デイリースポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索